カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

04 「日本はスパイ天国」は大嘘

2011年3月15日 (火)

「日本はスパイ天国」なんて大嘘

「日本にはスパイを取り締まる法律がないから、大勢のスパイが大手を振ってそこら中を歩いている」
「日本はスパイ天国なんだ」

ではなぜそんなに大勢のスパイが活動しているはずなのに日本にはそれらを取り締まる法律がないのでしょうか。

まずカテゴリの「警察が僕を逮捕できない理由など無い」の中の記事で説明したように「政治家が法成立を阻止しているから」という説や「外交問題に発展するのを避けるため」という説は完全に否定されているわけです。

もう一つこんな説も見かけます。
日本ではアメリカの諜報機関CIAがスパイ活動をしていて、これらを取り締まらせないために、アメリカの圧力で法律を作らせないようにしている、という説です。

しかしそんな密約を交わせるのであれば、CIAだけ取り締まらないようにして、他の国のスパイだけを取り締まるようにすることだってできるじゃないですか。
なんでCIAのために日本の情報が盗まれ続けなければいけないのか。

それとCIAって世界中で活動しているんですよね。
ではなぜ海外の国々にはスパイを取り締まる法律があって日本にはないのでしょうか。

完全に話が矛盾しています。
なのでこんな説も馬鹿げた説なのです。

では日本でスパイを取り締まる法律が作られない理由として他になにが考えられますか?

後はもう「日本がスパイ天国」なんていう噂が全くの嘘という理由以外ないじゃないですか。

そして法律が出来ないのは「日本にスパイなどいないからその法律もできない」と考えるのが普通じゃないですか。

それ以外考えられる理由はもうないのです。

というわけで「日本はスパイ天国」という噂も完全に否定されるわけなのです。

結局このようなスパイに関する噂が大量に流されていますが、その全てが全く現実とつり合ってい笑い話のような話なのです。
どれ一つまともなものが無いというのが事実なのです。

では一体誰がなんの目的でこんな噂を流しているのでしょうか。

それはそういう噂があると助かる人間たちです。
例えば平和になった日本で活躍の場がなくなった公安警察の中の外事を担当する人間たちなどです。

その他のカテゴリー

01 初めて来られた方はこちらを 02 僕が無実である決定的な証拠 02 僕が訴えを起こさない理由 02 前科もありません 02 家族は事実を知りません 02 日弁連へのお願い 03 外事警察 03 盗聴と通信妨害? 03 自衛隊の動き 03 警察がでっち上げを行う意図 03 警察が僕を逮捕できない理由などない 04 「日本はスパイ天国」は大嘘 04 アメリカのロシア人スパイもでっち上げ 04 ウィキリークスの真実 04 スパイ・北朝鮮関連記事 04 パチンコ業界と北朝鮮に関する嘘 04 三菱サイバーテロと大分3事件 04 不自然な拉致情報 04 僕の家族も工作員? 04 北の女スパイ(元正花)事件の真実 04 北朝鮮スパイでっち上げ時系列表 04 北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている 04 在日と政治家の癒着もデマ 04 川口市の拉致事件の真相 04 時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠 04 消えた拉致事件(渡辺秀子さん) 04 田口八重子さんの情報の嘘 04 目黒・世田谷殺人事件もでっち上げ 04 藤田進さんの拉致も嘘 04 露・北スパイ事件とJリーグ事件 04 Jリーグスパイ・テロリスト 05 テロが捏造されている証拠 05 テロリストでっち上げ時系列表 05 テロリスト関連記事 05 テロ情報流出事件とJリーグ 05 ブログでテロ・スパイ指令? 05 マインドコントロール事件の真実 05 公安警察とCIAがテロ謀略 05 焼肉えびす食中毒と僕の家族 05 PC遠隔操作事件の犯人は私です 06 オウムと北朝鮮の関係はあり得ない 06 オウム信者でっち上げ時系列表 06 オウム逃亡犯逮捕は自作自演 07 上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編 07 上尾警察のお手柄は自作自演 石津淳編 07 地元の様子 07 子供を狙った犯罪でっち上げ 07 振り込め詐欺のでっち上げ 07 警察が家に来た 07 黒いスポーツカーに関して 08 「芸能界と暴力団の黒い関係」は捏造 08 その他色々なこと 08 上智女子大生殺害事件 08 千葉大女子大生殺害事件 08 埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ 09 内容に誤りが見つかった記事 10 マスコミは僕らを知っている ニュース

最近のトラックバック

無料ブログはココログ