カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 帰国のニュースからわかること | トップページ | パフォーマンス »

2007年6月 7日 (木)

川越の事件はやはり警察の自作自演

やはり今成小学校の窓ガラス割り事件は警察による自作自演だと思います。

思い出したのですが、事件の2~4週間ぐらい前にうちが小学生に2回ピンポンダッシュされています。走り去る時の声や足音が小学校低学年ぐらいでした。

このことを警察はうちを24時間監視していますから確実に見ています。
それに地元の人間も僕の監視をしているからそれを見ているはずです。
なぜ地元の人間が監視していることがわかるかというと、ここ2年ぐらいよく市の広報カーで「最近子供を狙った犯罪が増えているので町ぐるみで子供達を見守りましょう」ということを家の近くや家の前で宣伝しています。なので当然要注意人物扱いされている僕は登下校中の町ぐるみの監視対象になっているはずだからです。
というよりこの宣伝は僕個人に対しての宣伝ではないかとも思っています。
僕が要注意人物扱いをされるように色々な事件をでっち上げた警察自身も当然その監視を知っているはずです。

そしてその後窓ガラス事件が起きたのが小学校です。

これで猫事件だけではなく、窓ガラス事件でも僕に疑いがかかることが事件の前に起こっていることになります。

警察は僕の家がピンポンダッシュをされているのを知ったのと、地元の人間が僕の家がピンポンダッシュされていることを知っていることも、警察は知っています。
そこで僕がこのピンポンダッシュで小学校に恨みを持ったかのように思わせるため、自ら小学校の窓を割って僕に疑いをかけたのだと思います。

拉致事件やB事件で疑いをかけるのが難しくなってきて、しかもこのブログで通り魔事件や美容師殺害事件の嘘をばらされて立場がまずくなってきた警察が、新たに僕に疑いがかかる事件を自作自演し、このブログの噂が広まる前に地元の人間にまた僕を疑わせようとしたのだと思います。

そもそも警察や地元のセスナや飛行船で7年間も自分が監視されていることを知っている僕がその中で犯罪など起こすわけが無いし、僕が川越に行っていた16時から17時という昼間と変わらない明るさの時間帯にそんな犯罪を犯せるわけがありません。そんな中で僕が犯罪を犯せば必ず現行犯逮捕されているはずです。

それとブログの6月2日の2つ目の猫殺害事件の記事で「子猫が家の近くで鳴いていたのを5月27日から28日」と書きましたがそれより前だったかもしれません。
まさかこんな事件が起きるとは思ってもいないので詳しい日付は覚えていません。
しかし僕が最後に伊佐沼へ行ったのは5月26日なので殺害された猫が発見されたのは6月2日で1週間も後です。通学路の直ぐ近くと言うことなので1週間も発見されないと言うことは無いと思うので27日以降に猫がその場所に置かれたなら27日以降川越に行っていない僕には疑いをかけられません。

絶対に窓ガラス事件も猫事件も僕はやっていませんし、犯罪を犯すこと自体不可能です。

« 帰国のニュースからわかること | トップページ | パフォーマンス »

07 子供を狙った犯罪でっち上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/6695023

この記事へのトラックバック一覧です: 川越の事件はやはり警察の自作自演:

« 帰国のニュースからわかること | トップページ | パフォーマンス »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ