カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

今日の脅迫

今日は夕方から輸送機が家の真上を
4、5回通過して行きました。
そのうちの2回の映像です。
家の真上を輸送機がこの角度で通過するのは珍しいです。
2番目のは赤く点滅しているのがそれです。


2008年2月25日 (月)

前回の記事を書いた15分後くらいに外で猫が鳴いていました。
昨日と同じような位置から聞こえてきました。
ばからしいことを書きますが、まるでこのブログを読んで、
自分が生きていることを知らせているかのようでした。
これはその猫が昨日と同じ猫だった場合の話ですが。

それと18時45分頃買い物に行こうと自転車の鍵を開けていたら、
一般タイプのヘリが南東から飛んできて家の真上を通過して行きました。
家であることを証明するためにいったん玄関の中に戻りました。
ブログに載せられたことへの報復でしょうか。

それにしても一体今日はなにがあったのでしょうか。
テレビやネットで調べても桶川の事件とかは載っていませんでした。


それと夕方自衛隊機が飛行機雲を作って飛んでいました。
これは先月だったか先々月あたりに、よく見ましたが、
最近は見ていませんでした。

まさかとは思いますが

ヘリは行ってしまったようです。



それと先ほどのヘリの映像です。



真上を通過したやつは撮れませんでした。

昨夜23時頃からだったでしょうか、家のすぐ近くで猫が鳴いていました。
今朝がたまで鳴いていました。

「家の近くで猫が鳴く」で考えつくのは、07年6月2日と
7日の記事で書いた、川越での猫殺害事件です。

まさかとは思いますが、また猫が殺されたとか
言い出すんじゃないでしょうね。
しかも今度はもっと近くで。

あのヘリが僕を疑って飛んでいるのだとしたら、あり得ないです。
僕が犯罪を犯せば必ず現行犯逮捕されるわけで、
普段はあのヘリ自体も僕を現行犯逮捕できる要因になっているわけですから。

なにかあった

先ほど9時過ぎ辺りから一般タイプのヘリが飛び回っています。
あきらかになにかあったような飛び方です。
家の周りにも4回飛んできています。

家の前方を2回、真上を2回飛んでいます。

まだ飛んできそうな感じがします。

また僕に何か疑いをかけようとしているのでしょうか。

2008年2月24日 (日)

訂正

前回の記事中段あたりの「それと桶川市内で爆発事故が発生した場合防災無線で火災発生の放送をするのですが」で、「爆発事故」ではなく、「火災」の誤りでした。

昨日は久しぶりに梅ノ木貯水池に行きました。080223umenoki

行きの途中で赤色灯を見たのですが、パトカーなのか救急車だったのかわかりませんでした。
しかし近くに一般人がいて何かしていたので僕とは関係ないことがわかりました。

それ以外は緊急車両は珍しく1台も遭遇しませんでした。

2008年2月20日 (水)

またおかしな飛び方

先ほど18時頃自衛隊ヘリが家の東側200~300メートルの
位置を南から飛んできて、ちょうど家の横に来た辺りで
東側にユーターンしてまた南へ帰っていきました。
08220jieitaiheri_2

ほとんど写っていませんが、1分15秒過ぎ辺りで、
月と一緒に数秒間赤く点滅しているのがヘリです。

あまり見ない飛び方です。

ああいう飛び方は2007年の12月1日の飛び方に似ていますね。
(07年12月1日記事参照)
あの5日後に桶川で変な爆発事故が起こっているんですよね。
(07年12月6日記事参照)

あの事故の時消防車のサイレンの音が全く聞こえなかったんですよね。
それと桶川市内で爆発事故が発生した場合防災無線で
火災発生の放送をするのですが、あの事故の時の放送は、
なんだかまだよく確認が出来ていないような半信半疑という感じの
へんな放送だったのです。
あのような放送は聞いたことがありませんでした。

それとまたおかしなことにあれ以来なぜか消防のサイレンが近く、
または遠くで聞こえても、一切火災の放送が入らなくなっています。

あれらのサイレンは明らかに桶川市内で火災が発生しているはずの音なのですが。

一体どういうことなのでしょうか。
めちゃくちゃになっています。

このようにめちゃくちゃになっているのは、僕を要注意人物あつかい
していていろんなことが普通に出来なくなっているからではないでしょうか。

今日の監視活動 消防車も参加

今日は13時40分頃から車で母親を買い物に連れて行きました。
最初に平日はあまり行かないデパートへ行きました。
デパートの横の道路でしばらく待っていたら、前面に
防犯パトロール中の黄色いステッカーを貼った郵便車両が
直ぐ脇に停車して、近くのコンビニへ荷物を届けついでに監視をしていました。
デジカメを逆さまに置いていて映像も逆さまになっています。


その直ぐ後に横を黄色のバイクが通過したのですが、
このバイクはデパートに着く直前にも見ました。
その時とは違う服を着ていました。
気になったので一応載せておきます。
これも逆さになっています。


そして次に上尾市にあるユニクロへ連れて行きました。
そこへは監視を受けるようになってから3、4回行っていますが、
毎回ミニパトがうろうろしていました。
しかし今回はいませんでした。
そして帰りに、桶川市でパトカーと消防関係車2台が立て
続けに横をつうかしていきました。
パトカー通過後1分後くらいに消防車両が2台立て続けに現れます。


その後スーパーへ寄りましたが、そこで白いバンが僕の
前方に停車して、誰も降りずに、そのまま停車していました。
撮影はしましたがナンバーが写っているので載せません。




それと2月10日に伊佐沼へ行く際に家の近くで
消防車を見かけたと書きました。
その車両と、その直ぐ後にも消防車を見かけたのでそれを
載せておきます。



実はこの1台目の車両の撮影をした時に隊員が明らかに
こちらを気にしていたのを、その時に僕は気づいていました。
バックミラーで見ていたらこちらの様子を伺っていて、
僕が撮影しているのに気がついて消防車が発進したのを
直ぐに停めて、そのまま付いてきませんでした。

それでも映像を載せなかったのは、消防も警察に
騙されているのだろうと気を使ったのです。
しかしそれと2月16日に消防庁がテロに対するなんだか
大げさな構想を練っていることを発表したことと、
今日の消防車の出現で、消防隊員自体が積極的に
監視しているのだと思い載せることにしました。

今警察、自衛隊、消防は国民保護法で連携しているらしいですね。
なので監視の中に消防がいて当然ということです。

このブログで消防車について以前書いたりしていますが、
ブログを書く以前からも消防車はよく遭遇していました。
これからは消防車両も載せることにしました。

しかしこんな大げさな構想を練っていて、
その対象になる僕がいる近所は平和そのものです。
大騒ぎしているのは僕を要注意人物扱いしている
人間たちだけだということです。

2008年2月16日 (土)

誕生日で気づいたこと

今日、ニュースでは新潟県の海岸に去年の12月に北朝鮮の軍服を着た死体が流れ着いていたと報道していました。
死後2、3ヶ月経っていたそうです。
なんで警察は去年の12月の件を昨日になってマスコミに公表したのでしょうか。

今日は金正日の誕生日です。

この日に報道させて、見た人達に何らかの悪い連想をさせるために昨日公表したのではないでしょうね。

そしてまたこのネタを使って僕に対する監視の理由にしようとしないでしょうね。

実は僕の身内に金正日と同じ誕生日の人間がいます。
これは拉致問題でマスコミが騒ぎ出した頃からわかっていました。

そしてこの誕生日で今日気づいたことがあります。

警察は僕が北朝鮮のスパイとしたのは、僕の身内に金正日と同じ誕生日の人間がいることを北となんらかの関係があるという根拠にしたからではないでしょうか。

考えられないことではありません。
最初はスパイ以外にもテロリストやオウム信者としても疑っていた。
しかしどこをどう調べても何も証拠が出ない。
そこで身内に金正日と同じ誕生日の人間がいることを理由にして最終的に北朝鮮のスパイという話にもっていったのではないでしょうか。

話は変わりますが、先日、日本の内閣情報調査室に勤務する人間がロシアの書記官に日本の情報を提供していたり、その1、2年前にもロシアのスパイを見つけて取り逃がしてしまったことがありました。

要するにスパイは北朝鮮だけではないということですよね。

そしてスパイとは本来その国の人間に気が付かれないように行動するのがスパイですよね。
ならば北朝鮮やロシアに限らずどこの国のスパイが日本にいるのかわからないわけです。
そしてスパイが本当にいるのかいないのかすらわかっていないわけす。

ということは僕をスパイとするならどこの国のスパイでもよかったはずです。
そんな中で僕を北朝鮮のスパイとしたのは、身内に金正日と同じ誕生日の人間がいたからではないでしょうか。

なぜなら僕と北朝鮮を結びつけるような事実が他になにもないからです。

僕は北朝鮮はおろか、海外渡航暦は一度もありません。
あの工作員の伝令役が僕の知り合いと同姓同名という話も完全に警察のでっち上げです。
あんなことが本当ならとっくに警察が僕を取調べしています。
警察が一度も僕に接触してきたことがないということが、他に何もないという証拠です。

そこでもし本当に、「誕生日が、ある国の元首と同じだと、その国のスパイとして疑うための根拠になる」という話が成り立つとしたら、現実的にどういうことが考えられるでしょうか。

まず誕生日が一緒だとその国と関係があるとなると、僕の身内は生まれた時からその国と関係があるということになります。
そんなわけのわからないことがあるわけがありません。
なぜなら身内は元首より先に生まれているからです。
そうでなかったとしてその状況はわけがわかりません。

では他に。
いつの日か何らかのことがありその国との関係が出来、元首を慕って、途中で誕生日を元首と同じ日に何らかの手を使って変えたということでしょうか。
しかし戸籍がいじられていないことは警察自体がとっくに身内の故郷を調べてわかっているはずです。

他に。
その国の誰かが元首と同じ誕生日の人間をわざわざ探し出して、誕生日が同じ、僕の身内に成りすましているということでしょうか。
それもあり得ません。
その身内には兄弟がいるので、会ってわからないわけがありません。
僕が監視を受けるようになってからも一度会っています。

他には、その国の工作員が元首と同じ誕生日の人間を選んで北の仲間にした。
そんなわけのわからない人選があるのでしょうか。
だいいち同じ誕生日だとどうして北の仲間になるのか。
全く根拠になりません。

他に元首と誕生日が同じだとその国の手下になるような根拠があるでしょうか。
僕には考え付きません。

そして「誕生日が同じだと・・・」という根拠はあまりにも馬鹿げています。

もしかしたら皆さんの中にも同じ誕生日と聞いてドキリとした方がいるかも知れませんが、冷静に考えると、それがその国と関係があるという根拠には全くならないことがわかるはずです。

警察はこの全く根拠にならないことを証拠として、僕が北のスパイという話を造り上げたのではないでしょうか。

そして全く証拠にならないことを証拠として、僕を北のスパイとするために次から次へとでっちあげを行って話の筋を通そうとしてきたのではないでしょうか。
だから僕だけでなく身内にも疑いがかかるような情報が出てきたのではないでしょうか。

だとするとあまりにも馬鹿げています。

2008年2月15日 (金)

今日の自衛隊の脅迫行為

9時過ぎくらいに自衛隊単発ヘリが家の
東側20メートルぐらいの位置を南南東から北北西へ通過。


その後何時だったか記録し忘れましたが、自衛隊単発ヘリが
今度は東側数十メートルの位置を北から南へ通過。これに
関しては飛行音が小さかったため本当に自衛隊機かどうか
確信できませんが、近づいて来た時の音が自衛隊機の音がしていました。
画面の右側に薄く写っているのが減りです。


ヘリが家の東西を飛びますが、その位置が東西ともに
だんだん家に近づいてきています。

2008年2月14日 (木)

自衛隊による今日の脅迫

今日は自衛隊ヘリが2回、昨日と同じ位置、家の西側
20~30メートルの位置を北北西から南南東へ通過して行きました。

一度目は15時15分単発ヘリ1機、


2回目は18時35分、真っ暗でタイプはわかりませんが、
2機が並んで通過して行きました。赤く点滅しているのがヘリ2機です。


なぜか昨日から全く同じ位置を通過しています。

それと数が多く面倒なのでいちいち撮影していませんが、
これら以外にも毎日のように輸送機などの自衛隊機は
家の真上や近くを通過しています。

2008年2月13日 (水)

そっくりなバイクとおかしなこと

今日の16時頃でしょうか、自衛隊の単発ヘリ1機が、家の直ぐ西側を北から
南へ通過していきました。

最近自衛隊ヘリがちょっとづつ家に近づいてきています。


今日も母親を買い物に連れて行くために近くのスーパーへ行きました。
買い物に行くために車に乗り込もうとしている最中に家の前を警察の
バイクにそっくりなバイクが通過して行きました。
バイクはカブで、後ろに黒い四角い箱を載せていました。
それに服装も白いヘルメットに濃い紺色の服装でした。
撮影は出来ませんでした。

しかしよく見ると上着がなんだか警察のものと違うのです。
きちんとした制服ではなくなんだかよれよれした感じの服なのです。
それと光を反射する白いベストも着ていませんでした。

これでこのバイクを見たのは2度目だと思います。
先月も平日に買い物の帰りに学校の直ぐそばを通過しようとしたときに、
警察なのか、そうでないのか見分けが付かないバイクを見ました。
恐らくあれは、今日家の前を通過して行ったバイクではないでしょうか。

これは誰かが僕に警戒を見せ付けるために、警官そっくりな服装と、
そっくりなバイクに乗って走って、あたかも警察官がバイクで走っている
ように見せるためのものではないでしょうか。


それにしても以前からおかしいと思っていることがあります。
色々な人が僕の目の前に現れるタイミングがやたらと速いのです。
今日のバイクなども、まるで買い物に出かけることを家の中で親と
話している段階から知っていたような速さで現れました。
このようなことは今回だけに限らず、何回かそう思わせるようなことがありました。

それにあの黒いスポーツカーの目撃証言が、白いセダンに変えられた時期は、
家の中で僕が「黒いスポーツカーは僕に疑いをかけるためのでっち上げだ」と
親に話をした直ぐ後でした。

おかしいですね。
どういうことなのでしょうか。

2008年2月11日 (月)

迷子の件について

2月5日の記事で上尾警察から迷子の放送があったことを書いたので、その後気になっていた方もいるかと思いますが、未だに発見されたという放送はありません。
それと子供がいなくなったというのに、その後協力を呼びかける追加の放送も一度もありません。

普通なら聞いていなかった人のためにとか、子供がいなくなったというのは事件の可能性もあるので何回も放送して協力を呼びかけるはずだと思うのですが。
もう一週間以上経っていますがなにもありません。

もしかして僕が寝ている間に放送したのでしょうか。
しかし僕は物凄く眠りが浅くちょっとした物音でも起きてしまいます。
特に監視を受けるようになってからは、家の中よりも外の音のほうに対して敏感になっています。
放送に気づかないということはないと思うのですが。
それか、昨日伊佐沼へ行った時に放送があった可能性もありますが、それでも一週間追加の放送が一度もなかったというのはおかしな感じがするのですが。

もし無事でなかった場合は大きなニュースになっているはずですがそういうニュースも全く流れていません。

それと先週の木曜日にも今度は50過ぎの方がまた同じ地区で迷い人になったと放送がありました。
それに関しても未だに発見されたという放送を聞いていません。

2008年2月10日 (日)

今日の監視活動

今日は14時45分南東のほうから一般タイプのヘリが家の
真上を通過した行きました。




その後母親をスーパーへ連れて行った後に伊佐沼へ行きました。
動画のボリュームを上げてもらうとバックにAMラジオの15時
過ぎのNHKラジオ番組が流れています。


まず家の直ぐ近くに消防車が停まっていたので一応撮影しましたが、
隊員が普通の民家から出てきてので、僕とは関係ないと思うので
載せるのはやめておきます。

その後、上尾市の開閉橋に入って直ぐのところにパトカーが一台停まっていました。

街灯の柱についている物が風で壊れているのを治している様な感じでした。
具体的に何を治していたかはわかりません。


でもこれを治すためにそこにいたのか、それとも僕に警戒を示すために
走っている最中にたまたま柱が壊れていたのを見つけたのか。

恐らくこの壊れているものがなければ、前回伊佐沼へ行った時に
パトカーと会った場所と同じ場所で会っていたのではないでしょうか。


その後伊佐沼へ近づいたところで、SDカード(記憶装置)の
残量がなくなってきていたので、伊佐沼へは行かず途中で曲がり、
行きとは違う道を通って帰りました。

その途中、ホンダエアポートの直ぐ近くで僕にいつも脅迫をしていると
見られる横に赤いラインの入ったセスナが手前を通過して行きました。
カメラには写っていませんでした。

その直後今度はパトカーとミニパトの間くらいの大きさのパトカー
がすれ違っていきました。


いつもと違う道を通ったのですがやはり来ました。
一番近い派出所から来たのでしょう。

その後家に帰り着く直ぐ手前に白のチェイサーが停まっていて、
中に新聞を読んでいる中年の男が乗っていました。
窓を半分開けていました。
いったん家に車を置いてカメラを持って散歩をしている振りをして
撮影しましたが、全く関係のない可能性もあるので、載せないことにしました。
あんなところに車を停めているのは明らかにおかしいのですが。
先週の土曜日、19時頃、同じ位置にスモールライトをつけて車が停まっていました。
でもその時は近くに行かなかったので車種はわかりませんでした。
			

2008年2月 5日 (火)

自衛隊ヘリ近い位置通過

先ほど14時28分頃、自衛隊単発ヘリ1機が
家の西側30メートルくらい位置を南から北へ通過していきました。

12月15日の記事以来、家に一番近い位置を通過していきました。
しかしかなり高い位置を通過していきました。
いつもはもっと低い位置を通過します。

やはり「あの件」で疑いをかけようとしているのではないでしょうか。

しかしもうこのブログで完全に何をどうやっても僕がなんらか
の要注意人物ということはあり得ないことを証明したのでいくら
パフォーマンスをしたところで関係ないです。
それに自衛隊自身もこのブログの存在を知っているはずです。

なので脅迫(パフォーマンス)がただの犯罪行為ということが証明されています。
それと昨日のような警察の監視も同じことです。

2008年2月 4日 (月)

監視の復活

これは昨日の「あの件」とは全く関係の無いことですが、気になっていることがあります。

単なる偶然だとは思いますが、書きたくはありませんが書かずにはいられない状況なので書かせて頂きます。
不謹慎ということになるので始めにお詫びいたします。

先週の土曜日に21時頃でしょうか、桶川市の防災無線で上尾警察からの連絡で僕が住んでいる地区に住んでいる迷子のお知らせをしていました。(桶川市は上尾警察の管轄)
この防災無線では桶川市内の迷子や迷い人のお知らせが時々あるのですが、そのほとんどがお年寄りの迷い人のお知らせで、迷子の知らせは年に一度くらいではないでしょうか。

しかも自分が住んでいる地区となるとさらに少なくなります。

それが「僕が子供を狙う危険人物ということはあり得ない」という記事を書いた翌日にこの放送です。

まだ見つかったという知らせがないのでそのまだ見つかっていないと思うのですが。
無事であることをお祈りいたします。

それとここ1年くらいなかったことが復活しました。

それは家の近くの、僕が買い物に出かける時によく通る道のわき道に車が停まっているというものです。
その車は買い物に出かけると必ずいたのです。

それが先週末からまた復活しました。

車種がしょっちゅう変わるのですが、毎回同じ位置に停まっているのです。
そして今日のはエンジンがかかっていませんでしたが、以前はよくエンジンをかけたまま停車していることがありました。

あれは間違いなく警察の監視の車です。

それ以外にも、周辺に家などない場所に停車いている車も先週から見かけるようになりました。

この警察の車は迷子の知らせの前に復活しているので迷子とは関係ないということです。

もしかしてこれは僕がデジカメで警察の監視を撮影していることへの報復でしょうか。

それか「あの件」と関係があるのでしょうか。

デジカメの不調を自分で修理しようと分解したところ、ストロボを自分で壊してしまいました。
そのためその様子を撮影できませんでした。

2008年2月 3日 (日)

あの件について

なんとなくあの件が僕が想像した方向に向かっていていて、いやな予感がするのですが。

このブログを読んできた方の中にも僕と同じことを考えているかもしれませんが。

まだ全然わかりませんがもう少し見ていこうと思います。

墓参り

昨日13時過ぎに車で母親を連れてさいたま市に墓参りに行きました。
デジカメの撮影をしていましたがほとんどうまく撮影できず、一つしか掲載できません。

1
行きに近くのコンビニで買い物をしている時にバイクの
警察官が後ろを通過していきました。

2
その後上尾市で警察官3人がシートベルトの検問をしていました。
その地域の主要道路でかなりの通行量のある場所です。

3
帰りには自衛隊の輸送機が僕の車の500メートルぐらい前を弧を描いて
飛んでいきました。
Yusoukisetumeizu_2



4
その直後バイクの警察がわき道から現れました。



5
そしてその後陸橋のわき道の少し置くに白バイが停まっていました。
坂道の手前には横に反れる道があって危険な場所なので、あんな場所で
取締りをやるとは思えないのですが。
Sakasirobai_2


6
そしてその後今度はパトカーがいまいた。
先ほどとは別の陸橋のわき道にいました。
これに関しては一般の人と一緒にいたのでなにかあったのだと思います。

そしてその後例の先日警備員の撮影をしたスーパーに寄りました。
今回は警備員はいませんでした。

その後家に帰りました。

2008年2月 2日 (土)

まだやるか

信じられないことがまた起きました。

またでっち上げでしょうか。

川越で冷凍餃子を食べた親子に中毒のような症状が出たそうです。

伊佐沼は川越にあります。
そしてしゅっちゅう川越に行っています。

日本テレビでは餃子からは農薬などは検出されなかったと報道していましたが、他ではまだ因果関係はわかっていないと報道していました。

餃子の袋には穴が開いていたそうですがそれも日テレでは買い物の際に出来た穴だろうとしていましたが、他では原因については報道していません。

これもでっち上げでしょう。

僕が川越に行くのと、最近スーパーの駐車場でデジカメで撮影しているのを逆に利用したのではないでしょうか。

それともう一つあります。

この冷凍餃子を自衛隊が利用していたと石破茂が会見をしていました。

これもかなり怪しいですね。

2008年2月 1日 (金)

完全にあり得ない

前回の付け足しになります。
前回では9・11テロが僕を要注意人物にするきっかけとなったと書きましたが、もう一つきっかけになる事件があります。

それは、学校などでの子供を狙った犯罪です。
この種の犯罪が僕が監視を受けるようになって少し経ってから、次々と全国で起きるようになりました。
そして桶川に限らず、全国で防犯パトロールなどが強化されるようになり、不審者に対する警戒が強まりました。

このことも僕を要注意人物にする要因になっているはずです。

前回書いたように僕は監視される前も家の近所の散歩をよくしていました。
その時によく学校や幼稚園の周りなどの道も通ることがありました、
しかし2001年以前はそういう僕を誰も監視などしていなかったし、僕自身も学校の周りということなどなんの意識もせず通過していたし、もちろんなんの犯罪も犯していません。
それに散歩や買い物などに出かけた時に、道で普通に学生とすれ違っていました。
視線恐怖症や対人恐怖で恐怖感はありましたが、それはその十数年前からあることで、かわったことではありません。

しかし今、学校の周りや近くを散歩などしたら厳戒態勢になるでしょう。

その証拠に監視初期の頃、学校の横の道を通過する時必ず同じ位置にくると毎回セスナが頭の真上を通過していきました。
それにちょうど下校時間に散歩をしていた時もセスナが頭の真上を何度も通過したり、たまたま僕の数十メートル前を歩いていた生徒を慌てて車が拾っていったということもありました。
それ以外にもいくつも同じようなことがあります。

この監視の前と後の違いは一体なんなのでしょうか。
なんで僕の周りの環境がこんなに変わってしまったのか。

結局こういうことでしょ。

みんなが僕の存在に気づいたか気づかなかったかの差だけといことでしょ。

9・11テロで警戒が強まって、顔つきや行動のおかしい僕の存在にみんなが気づいた。
僕の顔つきや行動、そこへ様々な嘘、そして全国で起きた学校を狙った犯罪が重なったことによる僕に対する偏見からきた環境の変化ということ意外のなにものでもないということです。

様々な嘘についてはもう散々このブログで説明しています。

これで前回の記事と合わせて僕が危険人物などではないということが完全にお分かりいただけたと思います。
僕は監視の前も後も何も変わっておらず、そしてなんの犯罪も犯しておらず、危険人物などではないという現実が。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ