カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 動画の削除と訂正 | トップページ | マスコミが「日本の警察」に触れない理由 2 »

2008年9月16日 (火)

マスコミが「日本の警察」に触れない理由 1

※お知らせ
今回の北の女スパイに関する記事の内容は誤りでした
真実はこちらで書いています  
カテゴリ「北の女スパイ(元正花)の真実」







今回と次回でマスコミが韓国の女スパイ報道で「日本の警察」に触れようとしない理由について書きます。今回は理由を解説する前の準備のような記事です。



今日はJチャンネルでまた女スパイ報道をやっていましたが、やはり「日本の警察」に触れませんでした。

この「日本の警察」に触れないテレビの動画は6つしか載せていませんが、前回書いたように29日のスーパーモーニングの動画1本が著作権で削除されたのや、それ以外にも10日のリアルタイム、スーパーニュースでもスパイが日本に来ていたことを伝えているのに「日本の警察」に触れていないのを確認しました。

それとTBSではニュース番組自体を見ていなかったので、どうかと思いネットで検索したらやはり触れていないニュースがあったようです。Googleで「TBS 女スパイ」で検索すると1ページ目の上から4番目あたりに「TBS 女スパイ」で検索すると「aoi blog 08 9/5 TBS「NEWS23」北朝鮮・・・・」というサイトに番組内容が載っていました。そのサイトの下のほうにはBS NHKでの女スパイ報道に関するURLも載っていて、見てみたらやはり「日本の警察」には触れていないようでした。



それと今日のJチャンネルのスパイ報道もそうでしたが、よくニュースを見ていると、なんらかの事件の報道で、報道の最初にキャスターがちょこっと事件の解説を入れて、後はその事件の情報に関するVTRだけを流して、その後は何の解説もせずに、そのまま次の報道にいったり、CMに入ったりしてその報道が終わるパターンがあります。

女スパイ報道でもこのパターンがいくつか見かけました。

テレビでこういう女スパイ報道の仕方を見た方のなかには、「日本の警察」に触れずに報道が終わるのはそういう報道の「仕方」のせいじゃないのかと思われる方もいるかもしれません。
しかし僕が言いたいのはそういう報道の「仕方」も含めて、全てのスパイ報道で「日本の警察」に触れない報道が多すぎるということです。
報道の仕方によってたまたま触れていないのではなく、テレビ局はそういう報道の仕方もわざと取り入れて、新聞社なども含めてマスコミ全体で触れないようにしているということです。
要するに「日本の警察」に関して、マスコミ全体が統制されているということです。

« 動画の削除と訂正 | トップページ | マスコミが「日本の警察」に触れない理由 2 »

09 内容に誤りが見つかった記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/23771572

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミが「日本の警察」に触れない理由 1:

« 動画の削除と訂正 | トップページ | マスコミが「日本の警察」に触れない理由 2 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ