カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 田口八重子さん事件 渡辺秀子さん事件との共通点 | トップページ | 猫の泣き声は細工だった? »

2009年3月16日 (月)

「スパイと公安警察」という本に関して

今年に入って「スパイと公安警察」という本が発売されているのをご存知でしょうか。
作者・泉 修三という人は、公安警察外事一課や内閣調査室国際部で勤務していたらしく、CIAやKGB、北朝鮮工作員を負い続けていた実体験を書いたものらしいです。

みなさんCIAだとかKGBが日本で活動しているなんて話をちゃんとしたニュースで聴いたことあります?
ありませんよね。

聞いたことがあるのは北朝鮮の工作員くらいですよね。
しかし拉致に関係があるとされるシン・ガンスとかみんな逃げられたことになっているじゃないですか。
公安警察は超大物とされる工作員を見逃しておいて、一体どこの工作員を追っているというのでしょうか。
こんな話が本当なら、拉致事件なんてとっくに全容解明されているはずですが。

それと一番問題なのが、元公安や国の機関で働いていたことを明かして、こんな事実を大々的に公表して、国民になんらかの危険は及ばないのでしょうか。
これらは情報を盗むだけのスパイらしいですが、その保障が外れることがないということがどうして言えるのでしょうか。
なによりも国民の安全を第一に考えるはすの警察がこんな本の出版を許しているなんて有り得ないことです。
絶対にこれは大問題のはずのわけです。

それとこの本の内容がもし嘘だったとしても、公安警察や国の機関で働いていることを明かした上で書いているわけですから、嘘であってもそれはそれで大問題なわけです。

この「スパイと公安警察」はこのブログ体策のために出版された嘘だらけの本です。
(関連記事 08年7月14日「北朝鮮スパイの本当の姿」など)

« 田口八重子さん事件 渡辺秀子さん事件との共通点 | トップページ | 猫の泣き声は細工だった? »

08 その他色々なこと」カテゴリの記事

コメント

ざっと読ませてもらいました。

上尾警察の怠慢ぶりに探ってたらたどり着きました。

思う所は違うでしょうが、ヤクザを野放しにし、風営法の許可もない店を当たり前のように見過ごす上尾の刑事さん。

一般人にいびる弱い者イジメは不良も警察も一緒ですね

桶川ストーカー事件も今年で10年でたち結局反省も生かされなくなっていくんでしょうか

警察の人たちも、勿論良い人もいるのに、一部の法律を履き違えたクソ野郎のためにイライラする日々です。

ホント一般市民の為に在るべき存在にいつなるんでしょうかね


Re
大変遅くなりましたがコメントありがとうございました。
このブログはまったくコメントがつかなかったので、コメント欄をまったくチェックしていなく、市民オンブズマンさんのコメントに気づきませんでした。もうしわけありません。

上尾警察だけでなく、警察全体が反省どころか前よりひどくなっていることは確かです。
特に警察の上のほうが自身の保身に取りつかれている状態です。
そのしわ寄せが地方の警察にいっているのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/28648431

この記事へのトラックバック一覧です: 「スパイと公安警察」という本に関して:

« 田口八重子さん事件 渡辺秀子さん事件との共通点 | トップページ | 猫の泣き声は細工だった? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ