カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

癌(ガン)で苦しんでいる方たちへ

癌(ガン)は治ります。

右脳に関する本を探してください。

医学的な専門書ではなく、そこら辺の本屋で売っている右脳開発に関する本の中に癌などの病気を治す方法が載っているものがあります。

信じるか信じないかは皆さんの自由です。

でも本当に癌は治ります。

信じた人だけです。

僕がこういう目にあって、このブログを書くようになったのもなにかの縁かもしれません。

2009年4月23日 (木)

監視要員たちの動画

あいかわらず家の周りを警察が監視しています。
僕の家や、僕の家の周りの家で人が出入りするときと、
僕の家に誰かが来たとき、それと僕の家の前を人が通過するときに、
車が家の前を通過していきます。
10分、15分の間車が来なかったのに、家の周りに人が現れるたとたんに
車が家の前を通過していきます。


そしてこのような監視活動の一部を昨日動画で撮影することができました。
と言っても撮影したのが夕暮れ時で、しかも安いウェブカメラで撮影したので
画質がかなり悪いです。さらに周りの風景がわからないように動画を加工もしてあります。

なので動画に出てくる車両をあらかじめ一眼レフカメラで撮影して
おいた写真を始めにお見せしておきます。

動画の中の手前の車両の写真はこれです。
09年4月22日8○8○黒
北朝鮮がミサイルを打ち上げる数日前から見かけるようになって、
それ以来夕方になると毎日のようにこの黒い乗用車が家の直ぐ前に
停車するようになりました。

そして奥のワゴン車の写真はこれです。
09年4月22日○○69黒ワゴン
このワゴン車に関しては数ヶ月前から気付いていて、これももしかして
と思っていました。


そして動画がこちらです。

動画 1

始めに白い服の男が歩いていますが、この男は画面右にある普段は
空き家だった家から出て来て画面奥に去って行きました。
(この空き家に関しては以前からブログに僕に対する監視のために
使っていることを書いています。)

そしてその男が画面左側に消えたとたん、今度は手前の車の
搭乗者2人が車の直ぐ横の道から出てきて車に乗り込み、さらに今度は
奥のワゴン車の運転手がワゴン車の直ぐ横にあるアパートの敷地から出
てきて車に乗り込みました。(画質が悪くて見えないかもしれません)

そして始めに奥のワゴン車が動き出して去っていき、次に手前の車が
去っていきました。

明らかに変です。
わずかな間に僕が怪しんでいたものが一斉に去って行きました。

撮られていることに気付いて逃げ出したのか、あるいは始めから
こういう手はずだったのかはわかりません。

いずれにしろこれらの人間は全て僕に対する監視要員です。
今までこのように動画で撮影できたことはありませんでしたが、こういう
監視行為をコソコソと8年以上も繰り返してきているわけです。



ちなみにこの動画で、手前の車が動き出してから直ぐに停車しますが、
その理由が次の動画でわかります。

動画 2

手前の道を車が通過するのを待っていただけなのですが、この通過した銀色の
軽と同じものを家の前でよく見かけます。
家の前のシルバー軽
恐らく同じ車両で、これも監視要員だと思います。

2009年4月16日 (木)

振り込め詐欺の情報は絶対に嘘

これだけテレビや新聞で振り込め詐欺の情報が流れていて、さらに警察自身がATM周辺で警戒したり、銀行を始め、様々な防犯組織も協力している中で、こんなに物凄い数の事件や未遂事件が起きているなんて到底信じられません。

そしてなによりもおかしいのが、年間に物凄い数の振り込め詐欺が起きていながら、逮捕される犯人は極々わずか。
警察は振り込んだ後の金の流れが複雑で、なかなか犯人の特定が出来ないと言っておきながら、犯人が逮捕されるときはいとも簡単に逮捕される。

その簡単に逮捕しているのが、僕が住む埼玉の警察です。
先月、川越で女性の私服警官がコンビニで張り込みを行っていたところ、不審な人物がいて職務質問したところ振り込め詐欺犯だとわかって逮捕に至ったらしいです。
そして昨日も埼玉県内で年金の支払日で警察がATM警戒している中に犯人がのこのこと現れて、しかも警察が犯人だと見抜いて逮捕したらしいです。

さらに、警察が監視しているATMで署員が詐欺を未然に防いだ、とか、警察の監視の対象外だったATMでは詐欺被害が出たそうです。

事件の数といい、逮捕の仕方といい、未然防止といい、とんでもなく嘘臭いです。
余りにも出来すぎです。

こんな話は絶対に嘘です。

振り込め詐欺は、事件の性質上被害者の氏名を公表せずに済むので、警察にとって都合がいい犯罪です。
いくらだって事件を造り上げることが出来てしまうわけです。
だからこそこの事件が選ばれたわけです。
市民を警察の見方につけるために。

(関連記事 08年12月3日「今度は振り込め詐欺」 09年3月5日「僕にそっくりな振り込め詐欺犯」など)

振り込め詐欺の嘘

2009年4月10日 (金)

猫の泣き声は細工だった?

今回の記事は「もしかしたら」の話なので、ごまかしながら書いています。
詳しくかけなくてすいません。
まあ、あまり真に受けないで読んで下さい。
念のために書いただけです。

先日から家の近くで子猫が07年の時の鳴き声とそっくりな鳴き方で、鳴き始めました。
(関連記事 07年6月2日「呆れてしまいます」)
あの時と違って、泣き声が聞こえるのは1日に1~2回しかないのですが。
それにしても、鳴き方や毎回聞こえてくる方向が違うというところがあの時とそっくりです。

07年の時は、猫が鳴き始める数日前に、僕の家や近所の家に「あれ」が訪問しに来たんですよね。
そして鳴くのを辞めた数日後にまた「あれ」がまた訪問してなにやらしていたんですよね。

あの当時、僕は猫を何回か探しましたが猫が鳴いているほうを見ても、いる様子がありませんでした。明らかに直ぐそこで鳴いていたのに、探しても全く存在している様子がありませんでした。
なのでもしかして「あれ」が猫の泣き声を発する何らかの物を近所のあちこちに仕込んで、僕に疑いがかかるように仕組んで、終わったらその物を持ち去ったのではないか、なんていうことを馬鹿らしいとは思いながらも考えていました。

しかし今回もまた鳴き始める前日に「あれ」が訪問に来たんですよね。

別に「あれ」は猫が鳴く前だけに訪問しに来るわけはないので単なる偶然だと思いたいですが、可能性として念のため書いておきました。

それとまた僕に疑いがかかるようなことが起きなければいいのですが。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ