カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

時効廃止と僕と拉致事件の関係 その2

前々回の記事(10年2月27日「渡辺秀子さんの拉致事件でっち上げの証拠」)で書いてように、警察は拉致事件は現在も進行中だから時効は適用されないと言っておきながら、渡辺秀子さん事件では犯人に時効を適用しました。

これをまともに考えれば、渡辺さん事件を含め結局拉致事件全般にも時効はあるんですよ。

警察は日ごろから自身の優先課題として「拉致事件の解決」をうたっているわけです。
現に警察庁の担当者なんかは、大韓航空機爆破事件の実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)が横田めぐみさんを北朝鮮で見たという新証言が出たということで先日韓国まで会いに行ったそうです。
逮捕されてから23年近くも経っていて「本来なら今頃新証言なんか出るなんてあり得ない工作員」にわざわざに会いに行き、拉致に関する情報を得ようとしたわけです。

こういうことからも警察は拉致事件を最優先としていて、その情報をなによりも欲しがっていることがわかります。

そしてこんなことまでする警察は、渡辺さん事件では1度も逮捕したことのない犯人を時効のせいで逮捕できず、拉致に関する新情報を得ることができなかったわけです。逮捕できていればどれだけの証言が得られたかわからないわけです。
拉致事件を最優先としている警察にとってとてつもなく屈辱的で無念な出来事だった経験になるわけです。

また国外移送目的の略取の時効は7年で、拉致事件のほとんどが20~30年前に起きていているわけですから、ほとんどの事件の時効が成立してしまっているわけです。なので渡辺さん事件以外の拉致事件でも今後同じようなことが起きる可能性があるわけです。
このことは渡辺さん事件を経験した警察が一番わかっているわけです。

これらの全てのことを考えれば、警察は拉致事件に関する時効廃止を望んでいなければいけないはずです。

しかしです。

今まで何十年も時効廃止に反対してきた警察が今回の「拉致事件に関する案がなにも入っていない時効廃止案」にあっさり賛成してしまったのです。
ずっと時効廃止に反対してきて、そして拉致事件を最優先としていて、さらに渡辺さん事件を経験した警察が廃止に賛成するのであれば、本来ならこの機会に警察自ら拉致事件に関する案を提案していなければおかしいのです。
もっというと、何十年も反対してきた時効廃止案に賛成するのなら、これのわずか3年くらい前に屈辱的な目にあった渡辺さん事件の時点で「拉致事件に関する時効廃止案」を警察自身から出しているくらいでないとおかしいのですよ。しかし警察は一切拉致に関することは触れようとしていない。

これでわかるように今回の時効廃止に対する警察の態度は、今まで警察がとってきたあらゆる態度と完全に矛盾しているわけです。

前々回、前回、今回の記事で書いたように、一連の時効制度廃止の流れを考えれば、間違いなく今回出た時効廃止案は警察自身から出されたものです。
警察は僕をテロリストやスパイに仕立て上げるために時効制度を変えるようにし、さらにこの制度に拉致事件に関する案を入れないことによって、数々の嘘をついてきたことがばれないように工作したわけです。
そしてその案を警察自ら受け入れたように見せているだけです。
だってそうじゃないですか。
拉致事件って警察だけじゃなく国の最重要課題でもあるわけですから、警察以外からも拉致に関する案がでていなければおかしいのに、それが無いじゃないですか。

今回の時効制度廃止案が警察にとってどれだけ恐ろしく都合がよくて、そしてどれだけめちゃくちゃな制度なのかがわかっていただけたと思います。
逆に言うと今回の恐ろしく警察にとって都合がいい時効廃止案も警察が保身を謀っているという証拠となるわけです。

しかし渡辺さん事件でのことを知っているはずの拉致被害者家族会のかたたちをはじめ拉致問題関係者のかたたちは今回の時効制度廃止案をどうとらえているのでしょうか。
他の事件の時効は廃止または延長するのに、国や警察の最優先課題で、しかも渡辺さん事件のような前例がある拉致事件に関する案がなぜ入っていないのか、という不信感を抱いていないのでしょうか。

※以前も書きましたが誤解していただきたくないのは僕は一部の拉致事件を否定しているのであって全ての拉致事件をでっち上げと言っているわけではありません。

2010年2月27日 (土)

時効廃止と僕と拉致事件の関係 その1

最近時効廃止の案が国会に提出されるというニュースを見ますが、なぜこの時期にこの動きが出たか、もしかしたらこのブログを読んできてくれたかたの中には気づいたかたがいるかもしれません。

今回提出される時効廃止案は、時効制度廃止が公布(制度の実施)された後に起きた事件と、公布以前に起きた事件で公布時点でまだ時効が成立していない事件の時効が対象になるそうです。
そしてこの制度が成立して公布されるのが今年の6月ごろになるらしいです。

あの、僕が働いていた会社での事故が起きたのが95年の7月です。この事故を僕によるテロ行為とするなら、事故は殺人事件となります。
現行法では殺人罪の時効は死刑にあたる罪では25年で、無期懲役または禁固刑にあたる罪では15年です。

そしてあの事故から今年の7月でちょうど15年です。
要するに事故をテロ行為として、さらにそれが無期あるいは禁固刑クラスの犯罪とするなら、その犯罪の時効が成立するのが今年の7月になるというわけす。

テロ(ただの事故)の時効が成立する直前に時効制度廃止がスタートするわけです。

これによってテロ(ただの事故)の時効は消滅し、テロが死刑、無期、禁固刑、どのクラスの犯罪となっても、警察は僕を永遠にテロリストやスパイ扱いすることができるようになるわけです。

ここまで書けばわかっていただけたと思いますが、この時効廃止案は間違いなく警察が僕をテロリスト、スパイに仕立て上げ、自らの保身を謀り続けるための警察による謀略です。

もう見え見えの謀略です。

まだ完全にこの時効廃止案が決定したわけではありません。
しかしこの時効廃止の要望は何十年も前からありながらその話がでるたびに何度も何度も先送りにされてきたわけです。
その先送りになった原因の一つは警察自身が人員の確保の問題などで反対してきたからです。
しかし今回の廃止案ではなぜか警察の反対は一切見られません。
そしてちょうど僕の時効が成立する直前になって廃止予定です。
間違いなく警察の謀略です。

この謀略を具体的に説明するとこういうことです。
警察が一番恐れていることは僕に訴えを起こされることです。
そしてさらに恐れていることは、テロ行為(ただの事故)が無期刑か禁固刑クラスの犯罪となった場合、今年の7月で時効が成立してしまい、裁判沙汰になったときに警察は僕に対してなんの抵抗もできなくなってしまい、確実に不利な立場になってしまうということです。
それを避けるためにぎりぎりになって時効廃止案を警察が素直に受け入れたわけです。

これだけ読んだだけでも警察による謀略であることは間違いないことはわかっていただけたと思います。
しかしこれだけでなくこの時効廃止案は散々大嘘をついてきた警察にとってさらに都合がいいものになっているのです。
それは長くなるので次回紹介します。

※今回の記事の関連記事 
07年6月25日「前回の記事の説明」
07年7月1日「最初はテロリストとして疑われていた」
サイドバー「北朝鮮スパイでっち上げ時系列表」「テロリストでっち上げ時系列表」「テロリスト関連記事」など

渡辺秀子さん拉致事件がでっち上げである証拠

最近時効廃止制度に関するニュースを頻繁に見かけますが、それに関して調べているうちに、思いもよらない事実を発見したのでそれについて書こうと思います。

このブログで渡辺秀子さんに関する拉致事件は警察によるでっち上げだということを書いてきました。(関連記事 サイドバーのカテゴリ「消えた拉致事件(渡辺秀子さん))

渡辺さん一家の失踪が拉致事件であることが発覚したのが07年3月~4月ころです。
そして事件自体は1973年に起きていて、渡辺秀子さんの子供2人が北朝鮮に拉致され、そして秀子さん自身は殺害された。それを実行したのが北の工作員数人と日本人共犯者3人という内容でした。
そして07年の事件発覚当時この日本人共犯者に関して警察はどこの誰かを特定していました。

しかしこの事件発覚当時に警察は「時効が成立しているので日本国内にいる日本人共犯者3人を逮捕できないため、任意での事情聴取を行う」としていました。

僕はここまでの事実は07年の事件発覚当時のニュースを見て知っていました。しかし今回時効に関して調べているうちに次のようなあり得ないことを発見しました。

警察は「拉致被害者は現在も監禁状態にあり現在も継続している事件であるため時効は成立していない」という見解を示していたというのです。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1143376779/


だとすると完全に話が矛盾しています。

警察は拉致事件に時効は適用されないと言っておきながら、渡辺秀子さんの件に関しては時効を適用しているのです。
そして犯人がどこの誰かもわかっているのに逮捕をしていない。
結局任意の事情聴取自体も本当に行われたのかどうかもわかっていません。

また上にリンクした原敕晁さんの拉致犯とされる人物への逮捕なども未だに行われていません。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120510/crm12051017110021-n1.htm?view=pc

ちなにみ原さんと渡辺さんの事件捜査は拉致事件に積極的だった小泉、安部政権下で行われた捜査です。
なので政治家による圧力から逮捕が行われなかった、などという言い訳はありえません。というよりどの政権下でもそんな言い訳はあり得ませんが。
そもそも小泉、安部政権下だったからこそ警察は拉致捜査に着手したわけですから。
なのに逮捕もなにもしていない。

こんな馬鹿げたことがあるわけがないのです。
これで渡辺秀子さん事件がでっち上げであることが確実になりました。
拉致事件のうち少なくとも渡辺、原事件は見せ掛けだけの捏造事件です。

次回はこの時効に関してあり得ないことが起きていることを書きます。
時効廃止制度がいかに警察にとって都合がいいもので、ふざけたものかということを紹介します。

2010年2月18日 (木)

桶川市振り込め詐欺・おれおれ詐欺情報

警察が僕に振り込め詐欺犯の疑いをかけていることは以前に書きましたが(関連記事 サイドバーのカテゴリの「振り込め詐欺のでっち上げ」)、僕だけでなく僕の家族にも疑いをかけようとしていることがわかりました。

実は1年くらい前から気づいていたことがあったのですが、僕の家族の仕事が休みの日に限って、防災無線で「現在桶川市内に振り込め詐欺の電話かかってきているので警戒してください」と言う内容の呼びかけがあることがやたらと多いのです。
休みの日だけでなく、家族が午後からの出勤の日には「午前中に詐欺の電話がかかってきたいた」という呼びかけもたまにあります。

そして先月、その家族が銀行にある相談をしに行ったのですが、その数日後、その銀行からその家族宛にある不自然な手紙が送られてきました。
手紙の内容は教えられませんが、普通銀行がそこまでしないだろうという内容なのですが、その手紙を送ることによって振り込め詐欺犯が必ず使うある物に関するあることがわかる内容なのです。

これらのことから考えて間違いなく警察は僕だけではなく、僕の家族にも振り込め詐欺の疑いをかけています。

こういうことです。
まず警察自らが僕にそっくりな振り込め詐欺犯の手配写真を造り、僕に疑いをかけ、さらに家族が休みや午後出勤の日に市内に詐欺の電話がかかってきているという情報をでっち上げ、僕の家族にも詐欺の疑いがかかるようにして、そのことを銀行にほのめかし、信用させ、銀行にあの手紙を送らせたのでしょう。だから内容が不自然な手紙になったのです。
そして警察はこの一連の芝居によって銀行も仲間にすることができた、というわけです。

しかし既に僕はこのブログで完全に無実であることは証明したし、その無実を証明した僕の家族が実は犯罪者だったなんて警察にとってとんでもなく都合がいい馬鹿げた話があるわけがありません。
もし銀行関係者のかたがこのブログを見ていたら、このブログを警察に通報してください。

しかしその時警察はこういういいわけをするでしょう。
今は詐欺の証拠をつかむために泳がしているから、ブログなんかでは踏み込めない。
そして警察はいつまで経っても僕や家族に手も足も出さない。
警察はそんな状況を不審に思われないように僕の家族のやることなすこと振り込め詐欺に関係あるかのような工作や芝居を繰り返してごまかす。

今まで僕が受けてきたことを考えれば必ずこういうパターンになるはずです。

それとこれだけ振り込め詐欺警戒を頻繁に呼びかけいるにもかかわらず、先月の18日にまた桶川市内で振り込め詐欺の被害者が出たそうです。
これも間違いなく僕や家族に疑いをかけるためのでっち上げです。

2010年2月14日 (日)

アメリカ航空機テロ未遂事件犯もブログをやっていた

イギリスの新聞によると去年の12月にアメリカ航空機テロ未遂事件の犯人として逮捕されたウマル・ファルーク・アブドルムタラブ容疑者(23)は05年から07年にかけてファルーク1986というペンネームでブログを書いていたそうですよ。
内容は詳しくはわかりませんが相談相手もいない孤独な状況と英国の堕落を嘆いていたそうです。
その記事の投稿数は300回以上だったそうです。

日本の公安警察にテロリストに仕立て上げられている僕もこうしてブログを書いていて、内容は警察の堕落とその被害を1人で嘆いているというものです。
そしてその記事数は289でもうすぐ300です。

(他の5つのブログは前回の記事で300回を越えました。)

この時期にこんな情報です。

ちなみにこのテロ事件の2日前には、これもイギリスで逃亡犯がSNSを更新していた、という情報もありました。(関連記事 09年12月24日「イギリスで脱獄版がSNS更新中」)

みなさんどう思われます?このテロ未遂事件やこれらの情報。

2010年2月 2日 (火)

埼玉・鳥取女詐欺師連続殺人事件もでっち上げ

前回の鳥取の事件は警察が1年も前から上田美由紀容疑者を監視していながらその中で殺人事件をを犯されてしまった、という警察にとっては大・大・大失態をしてしまったという事件でした。

そして今度は埼玉のほうの事件では逆に警察のお手柄アピールをしています。

埼玉県警は詐欺容疑で木嶋佳苗容疑者を逮捕する以前から連続殺人でも疑いをかけていて、それを木嶋容疑者と同居していた2人の男性に話して警戒を呼びかけて、2人が犠牲にならないために詐欺容疑で逮捕を早めたそうです。

これによって警察が2人の命を救ったというお手柄話ができて、鳥取の大失態をフォローできたというわけです。

こういうことをするために2つの全く同じ事件をでっち上げたのではないでしょうか。

もうなんでもありになってきましたね。
なんか警察は「もうどうにでもなれ」っていう感じでやっている気がします。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ