カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 公安テロ情報流出事件の真実 その1 | トップページ | 公安テロ情報流出事件の真実 謝罪の意図 »

2010年12月20日 (月)

公安テロ情報流出事件の真実 その2

今回は公安がテロ情報流出事件を自作自演した理由を書きます。

僕はこのブログで7月ころから警察が現在あるとんでもない事件をでっち上げようとしていることを訴えていますが、今回の公安テロ情報流出事件で、その事件をでっち上げるのに都合がいい情報が含まれています。

公安は情報が流出したルートとして、ルクセンブルグという国がかかわっていることにしています。
このルクセンブルグのある位置を見てみると、事件をでっち上げるのに好都合な位置なのです。

さらに最近アメリカも流出ルートとして出てきました。
これも事件をでっち上げるのに都合がいいのです。

こういうことからもこの流出事件が自作自演であることがわかります。
そして公安のテロ情報流出事件は間違いなくこの事件のでっち上げるために自作自演されたのです。

7月以降に書いた記事で、それっぽいものをつなぎ合わせてみてください。
それとルクセンブルグに関してはその国自体よりその周辺国のほうを見てください。
なんとなくでっち上げられようとしている事件の内容がわかるかもしれません。
ちなにみ8月半ばから12月まで更新をしていなかったので、7月以降の記事数はそれほど多くないと思います。

« 公安テロ情報流出事件の真実 その1 | トップページ | 公安テロ情報流出事件の真実 謝罪の意図 »

05 テロ情報流出事件とJリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/38150510

この記事へのトラックバック一覧です: 公安テロ情報流出事件の真実 その2:

« 公安テロ情報流出事件の真実 その1 | トップページ | 公安テロ情報流出事件の真実 謝罪の意図 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ