カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ウィキリークスの北朝鮮とアルカイダ情報も嘘 | トップページ | ネット回線工事にともない要注意 »

2011年6月29日 (水)

ウィキリークスのうさん臭さ

【WLの情報公開の矛盾】

デュモン情報北朝鮮とアルカイダの情報は捏造としか考えられないとかきましたが、逆にこれらの情報をはじめWLに載っている情報が全て、あるいはほぼ真実であったとしてもそれはそれでまた不可解な点が出てきます。

WLが平和目的で世界の機密情報を収集していた場合、テロリストなど何らかの犯罪組織側からの情報入手だとしたら、本来そのような情報は一般には公開しないはずです。
公に出してしまえば犯罪組織側が警戒してしまい、捜査機関は捜査が出来ないような状態に陥ってしまいますから。
なので本来なら情報を外部に漏れないように各国の捜査機関や政府に教えて、捜査の役に立たせるはずなのです。

しかしそれをしないでネット上で公開してしまう。
一体なにが目的で公開してしまうのかが理解できません。

そして逆にこれらの情報がアメリカやその他の国などの犯罪組織と対峙している側の内部文書だとしたら、単なる情報漏えいということになり、処罰対象になるはずです。
要するに捜査妨害をしていることになるわけですから。

しかしWLは処罰されていません。

これも全く理解できません。

これに対して例えば 
“世界中の一般国民に警戒させることが目的でネット上に情報を公開した” ということも考えられます。
しかし公開をすることが安全につながる保障などどこにもありません。
逆に “アメリカのテロ被害が大きくなる施設” の公開ののように危険にさらすことも考えられます。

【アサンジが逮捕されない異常さ】

この状況でなぜWLには言論の自由が適用されているのでしょうか。
代表のジュリアン・アサンジをはじめWL関係者が逮捕されていないことがいかに不自然なことかがお分かりいただけたと思います。
人々の安全より言論の自由が優先されているという信じられない状況なのです。人の命あってこその言論の自由なのに。
婦女暴行では逮捕されたのに、世界を危険に晒したり混乱させても逮捕されないという信じがたい状態なのです。

【情報の中身よりウィキリークス】

まだ他にもWLの不可解な点はあります。WLの情報の内容は世界の各国の不当行為や国家や企業の機密情報だったり、テロや何らかの犯罪に関わる情報だったりと重要な情報ということになっています。
しかし 「WikiLeaks(ウィキリークス)は不可解の極み」の中の【不可解な米軍ヘリ映像ニュース】で書きましたが実際のところ、それらの情報に関して各国の政府などが責任追及されたり、また各国の捜査機関や軍隊などがWL情報を利用しているような様子が全く見られません。

見かけるのはWLが “こんな情報を公開した” という程度で簡潔してしまうニュースばかりです。
情報のその先は今どうなっているのか、というニュースは全く出てこないのです。

どのニュースも情報の中身より “WLはこんなことも知っている” というWLの能力の凄さを扱っただけのニュースといった感じです。

これだとWLの情報公開になんの意味もなくなるし、WL情報をニュースとして取り上げた意味もほとんどないわけです。

【ウィキリークスはインチキ?】

これらの様々な状況からWLが本当に真実の情報を、そして世界が恐れるような重要な情報を扱っているとはとても思えません。
そしてウィキリークスの情報、そしてウィキリークスという組織自体や代表のジュリアン・アサンジ、全てインチキだとしか思えません。

« ウィキリークスの北朝鮮とアルカイダ情報も嘘 | トップページ | ネット回線工事にともない要注意 »

04 ウィキリークスの真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/40604327

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキリークスのうさん臭さ:

« ウィキリークスの北朝鮮とアルカイダ情報も嘘 | トップページ | ネット回線工事にともない要注意 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ