カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 家族は事実を知りません その2 | トップページ | 焼肉えびすとドイツ食中毒は捏造テロ事件 »

2011年6月15日 (水)

焼肉えびす食中毒の警察のテロ工作

「家族は事実を知りません」で書いたように警察は僕の家族が自分たちがスパイやテロリストに仕立て上げられている事実を知らないことを利用してなんらかの工作を行っている可能性があります。
そして今回は次のようなことをやろうとしている可能性があります。

「焼肉えびす食中毒と僕の家族」で書いたように僕の家族が長年関わっていた場所(A社とします)が家宅捜索を受けたことを書きました。

実は家族がA社と関わっていたのはもう10年以上も前の話です。
しかし家族がA社を去ってからも何度かA社に残っていた同僚たちと食事をしたり、飲みに言ったりしているので未だにつながりはあるわけです。

この同僚と会うのは10数年で5回くらいだと思います。
※恐らく毎回違うメンバー

一番最近会ったのはちょうど2年ほど前です。

実は2年ほど前に誘われた時は僕や家族を “不審者” に仕立て上げるのには都合がいいタイミングでの “誘い” だったのです。
そしてタイミング以外にもいくつか不自然な点があったのです。
※その内容を書くとさらに面倒なことになるので書けません。

僕はそれ以前から知人の誘い出しに関して不審に思っていましたが、この時の誘い出しによって警察による “誘い出し工作” を強く疑うようになったのです。

そして今日の夜、数日前にA社に関わっている人(2年前とは別の人)から誘いがあり、僕の家族はその人と飲みに行くことになっています。

これもまたタイミング的に怪しいです。

えびす事件は食品テロという噂が立ったので、僕の家族が関わったA社に疑いかけることができ、そして僕の家族にも疑いをかけることが出来るわけです。しかし結局のところテロという証拠も出ていません。
そしてテロの犯行声明は出ていません。

だったらテロではないので問題ないじゃないか、と思われるかもしれませんが、これが北朝鮮によるテロ、という話なら造れてしまうのです。

北朝鮮によるテロは大韓航空機やラングーン事件など、犯行声明や犯行を認めたりはしません。

なので今回の事件は北朝鮮の工作員によるテロだったという話を造ることができるわけです。

そして今回の事件はテロという証拠も出ないまま終わったわけですから、北によるテロだとすると大成功に終わったということになります。

そしてその大成功と決まったこの時期に僕の家族とA社の人が会えば、裁判になった時に、あの時2人が会ったのは事件の情報交換やテロが成功したことを祝うために会ったんだ、ということにすることができ、僕の家族に北の工作員の疑いをかけることが出来るわけです。

そうするために警察がA社の人を何らかの方法でそそのかして家族を誘うよう手はずを行ったのではないでしょうか。

だとすると誘い出したA社の人も逮捕されることになります。
その辺はどういうことになっているのかはわかりませんが、とにかく今までの経緯や、今回の誘い出しのタイミングから考えてそう考えてもおかしくはありません。

しかしそうだとしても僕は家族が会うのを止めることができません。
できるのはこうしてブログでそのことを訴えることだけです。
不安でいっぱいです。

« 家族は事実を知りません その2 | トップページ | 焼肉えびすとドイツ食中毒は捏造テロ事件 »

05 焼肉えびす食中毒と僕の家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/40407729

この記事へのトラックバック一覧です: 焼肉えびす食中毒の警察のテロ工作:

« 家族は事実を知りません その2 | トップページ | 焼肉えびすとドイツ食中毒は捏造テロ事件 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ