カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ビラ配布とブログの広まり | トップページ | 偽装殺人件数さらに増加 »

2011年7月26日 (火)

新司法解剖制度と青木ヶ原樹海殺人

【新司法解剖制度ニュースで証明された異常さ】

先ほどNHKのニュースを見ていたところ警察の司法解剖に関する制度の見直しが検討されているというニュースをやっていました。
もう一度詳しくみようとNHKのサイトでこのニュースのページを見てみました。
リンクはこちらです。

するとこのニュースによってブログで指摘してきた、ここ2年弱で発覚した司法解剖を受けなかった事件(遺体なき殺人)数がいかに異常なものであるかということがわかりました。
それとそのニュースの中にちょっと気になる部分を見つけました。

この記事の中に

「警察庁によりますと、平成10年以降でも、遺体を解剖せずに、その後、殺人などの犯罪が判明したケースが38件に上っています。」

という部分があります。
この中の 「殺人などの犯罪が・・・」 の “など” という言葉が入っています。ということはこの38件のうちに殺人事件以外の事件も含まれているということなり、殺人事件に関して言えば38件よりも少ないということになるわけです。
なので司法解剖しないで殺人事件が発覚した件数は、平成10年から23年の間までの13年間の間で38件以下ですから年平均3件よりも確実に少なくなるわけです。

2年の平均で言えば最大でも5件程度です。

こうみれば、09年(平成21年)の10月から11年(平成23年)の7月までの1年と10ヶ月の間に11件もの司法解剖しない殺人事件が起きているという数字が、いかに異常な数字であることがおわかりいただけると思います。
※今月の5日にまた新たな自殺偽装殺人が発覚して、11件になりました。下で説明しています。

こんな事件の件数は警察自身が事件を捏造しない限りあり得ない数字であるということがさらに理解していただけたと思います。

それにしても38人は司法解剖していれば事件であることが証明できた人の数で、そしてその中に殺人事件以外にも事件が含まれているということですが、司法解剖で発覚する事件で殺人事件ではない事件とは一体どんな事件があるのでしょうか。
わかる人がいたら教えていただけないでしょうか。

それと実際のところ殺人事件は何件おきていたのでしょうか。
38件より相当少ないということもあり得ます。
となればまたさらに異常さが証明されます。

【青木ヶ原樹海殺人】

今月の5日にまた自殺を装った殺人事件が発覚し逮捕者が出ました。
今年4月26日に自殺の名所として知られる山梨県富士河口湖町の青木ヶ原樹海(富士の樹海)で東京都昭島市のキャバクラ店アルバイトの川端一明さん=当時(29)がで首をつった状態で死亡しているのを山梨県警が発見した。県警は川端さんの体に殴打された痕があったことなどから、県警は事件性があるとみて捜査していた。
そして今月の5日に、暴行と監禁の容疑で東京都立川市高松町、キャバクラ店経営萩原篤容疑者(33)を逮捕した。また暴行容疑で同市栄町、同店従業員東英雄容疑者(21)を、監禁容疑で相模原市南区大野台、訪問販売業中山佑介容疑者(30)を逮捕した。

という事件です。
これで以下のようになりました。

     事件名                 主犯と共犯者
09年                  
 10月 仙台飲食店経営者殺人     笹本智之() 菅田伸也(32)   共犯者 数名 
 10月 埼玉婚活女保険金殺人     木嶋佳苗(34)
 11月 鳥取連続不審死殺人       上田美由紀(35)  共犯者 1名

10年 
  3月 仙台自衛官保険金殺人     高橋まゆみ(49 被害者の妻)  共犯者 5名
  5月 大阪高槻養女保険金殺人    宇野ひとみ(36 被害者の娘)  共犯者 複数
  8月 奥多摩保険金殺人        阿久津良男(68 被害者の養父) 共犯者 タツ子(58 良男の妻)  他1名
 
 11月 神奈川浴槽殺人          新井竜太(41) 高橋隆宏(37)
 12月 香川不倫殺人           城可奈子(27 被害者の妻)   共犯者 高橋淳希(27可奈子の不倫相手)

11年
  3月 さいたま遺体なき殺人      小久保克己(47) 釼持雅司容疑者(31)など10人
  5月 松戸保険金殺人         西村豊(56) 共犯者 工藤隆(49)
  6月 佐世保病院理事長殺人     友広慎吾(49) 共犯者 枇杷木紀明(35)
  7月 青木ヶ原樹海殺人        萩原篤容疑者(33) 東英雄容疑者(21)  中山佑介容疑者(30)     

このうち司法解剖なし殺人(遺体なき殺人)が11件です。
※10年11月の香川不倫殺人だけ司法解剖しています。

そして自殺・不審偽装殺人が10件になりました。
※09年10月仙台飲食店と11年3月は偽装殺人ではありません。

木嶋佳苗の真実

« ビラ配布とブログの広まり | トップページ | 偽装殺人件数さらに増加 »

08 埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/40968620

この記事へのトラックバック一覧です: 新司法解剖制度と青木ヶ原樹海殺人:

« ビラ配布とブログの広まり | トップページ | 偽装殺人件数さらに増加 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ