カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« マインドコントロール事件の真実 その1 | トップページ | 北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている その1 »

2012年4月 7日 (土)

マインドコントロール事件の真実 その2

【中島知子さんが生物兵器の実験台】

中島知子さんの前に起きたマインドコントロール関連の騒動がオウム元信者平田信の出頭劇です。
オウムはマインドコントロールによって信者を操り科学兵器である「サリン」を使ってテロを起こしました。

そして中島さんに関して調べてみと、中島さんにも生物兵器にまつわる出来事起きていたのです。
中島さんのウィキペディアによると11年に中島さんは近年既に発症例がほとんど無くなった「天然痘」に感染していたそうです。
と言っても「弱毒性」のものらしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E7%9F%A5%E5%AD%90

また日本で天然痘発症が最後に確認されたのは1955年らしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E7%97%98

しかしこの話はあり得ないことになっているのです。
中島さんの感染源は天然痘予防摂取の「種痘」を受けた親族から、ということになっているのです。
その種痘に関して調べてみたところ、種痘は重い副作用が出ることがあるため最近では一般の人が摂取することはなくなっていて、生物兵器対策として軍隊(自衛隊員も含む)が受けることがある程度らしいです。
と言っても実際に自衛隊が受けたという情報は見当たらないのでまだ行われたことがないと思われます。

ここでおかしなことに気づきます。

近年発症例が無くなっているのになぜその親族は種痘などを打ったのでしょうか。しかも一般人が打たなくなっているワクチンを。
その親族とは自衛隊員なのでしょうか。
しかし自衛隊員だったとしても上に書いたように自衛隊が実際に摂取した形跡は無く、もし摂取したとしても近年発症例がないということは自衛隊から感染した前例もまた無い、ということになるわけです。

そんな中で感染したのです。

炭素菌や天然痘をはじめ日本を含め世界では生物兵器に対して常に警戒、訓練しているはずなのに、そんな中で近年発症例が無かった天然痘感染者が現れ、その上感染源に関する状況も不自然なのです。

そのなかで中島さんのような不自然なことが起きたのだから当然警察がテロ捜査をしていなければいけないはずです。
しかし捜査をしたという話は全くありません。

こんなことはあり得ないことです。

この天然痘話は捏造です。

中島さんは11年には既に占い師からマインドコントロールを受けています。
ということは「マインドコントロール」と「生物兵器」となり、中島さんと占い師はオウムの「麻原」と「サリン」と似たような状況になっているわけです。
そしてその直前にオウム信者の出頭騒ぎです。

この中島さんと占い師と天然痘の話は全て公安が仕組んだものであることは間違いありません。
第二のオウム事件と捏造しようとているのです。
そのために中島さんが利用され、占い師は公安の工作員です。

だからテロ捜査が行われていないというあり得ない状況になっているのです。

【部屋を貸したのが本木雅弘さんだった理由】

中島さんの騒動のきっかけとなったのが俳優の本木雅弘さんとの家賃滞納問題です。
そして本木さんに関しては「マスコミは僕らを知っている」で説明したように本木さんは僕が住む桶川市出身で、03年に僕の家族と対面したことがある人物です。
本木さんと僕の家族に接点があり、その人が現在騒ぎになっている中島知子さんとつながりがある。
そして上で説明したようにその中島さんは生物兵器テロ話を造れそうな経験をしている。

紳助さんの焼肉えびす食品テロ話だけなく、ここでも芸能人とテロ、そして僕の家族がつながったことになるわけです。
そしてこの本木さんと対面した家族というのは、えびす家宅捜索のときに関係先の捜索を受けた家族なのです。

そしてこれだけではありません。
この本木さんに関して気になる情報を見つけました。
3月5日の新聞の「週刊現代」の広告で「ついに逮捕状 朝鮮高校教師から山口組金庫番になった男 その名は永本壱柱」というタイトルがあったので気になって検索したところ、この永本は本木さんの義父である内田裕也さんと接点があることがわかりました。

というわけで紳助さんの時と全く同じ状況になりました。
中島さん騒動でもテロ、芸能人、暴力団、在日、そして僕の家族が登場するわけです。

しかしこの永本と裕也さんとの話も天然痘話と同様に謀略であることがばればれなのです。

ネット上の記事によると永本は毎年行われる内田さんの誕生パーティーの主催者ということになっているのですが、内田さんと永本に関する記事は08年のパーティーの時の記事しか見当たらないのです。
それ以外の年のパーティーの情報は全く見当たりません。
しかも08年のパーティーの情報もどのサイトも全く同じ文章ばかりなのです。

この時点で明らかに不自然なのがわかります。

そしてこの08年のパーティーの記事の信憑性についてです。
内田さんをはじめパーティーの出席者には張本勲さんやアントニオ猪木さんなど08年以降もテレビに出続けている人ばかりです。
そもそもこの永本はその世界では有名な人間らしいし、パーティー出席者は内田さんをはじめ有名人ばかりなので、テレビ業界の人間は内田さんのパーティーと永本のことは知っているはずです。
なのでこの話が事実ならテレビ局がこれらの人間をテレビに出すわけがありません。
また紳助さんを糾弾した今のテレビ業界に出演などできているわけがないのです。

なのでこのパーティー話もインチキです。

というわけで中島さんと生物テロと暴力団と在日と本木さんと僕の家族に関する話は全てインチキであることが明白であり、占い師を使った警察の謀略は完全な失敗というわけです。

それとこの永本話を掲載した週刊現代は紳助さんの黒い噂を流して逆に訴えられている雑誌ですよ。そして警察も紳助さん騒動で不当とも呼べるリークをしています。
「島田紳助さんと暴力団騒動の真実 その1」

それが中島さん騒動の真っ最中にその騒動と関わりのある芸能人と暴力団の暴露記事を載せて、そしてその男を警察が逮捕した。
現代、警察共に名誉回復という面においても都合がよ過ぎです。

全ての事件の関係図

Photo_2


【B歯科医院の名は「なかしま歯科」】

ちなみにこの中島さん騒動は大分3事件とも接点や共通点があるのです。
中島さんをマインドコントロールした占い師は大分出身です。
そしてあの大分のB歯科医院に関して、テレビキャプチャー画像とグーグル地図を比較して調べてみたところ、B歯科医院の名前は実は「なかしま歯科」だということがわかりました。

Photo

「大分」と「なかしま」です。

前回の記事の【除霊歯科医事件の企み】で説明した「マインドコントロールで暗殺や拉致をした」ということにしようとしている、という話はやはり真実だったようですね。

しかしどの道マインドコントロール謀略は完全な失敗です。

« マインドコントロール事件の真実 その1 | トップページ | 北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている その1 »

05 マインドコントロール事件の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/44794394

この記事へのトラックバック一覧です: マインドコントロール事件の真実 その2:

« マインドコントロール事件の真実 その1 | トップページ | 北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている その1 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ