カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

2012年12月

2012年12月19日 (水)

マラニック速報が公安の怖さのアピールとキャッシュの削除

その後マラニック速報を見に行ったところ、前回紹介した記事に追記がしてあって、一番下に「こいつ公安なめてるだろwwww」という文章が付け加えられていました。

さらにその後アメーバブログにマラニック運営者と思われる人間がコメントしてきたため、僕が「公安のアピールをするなんておかしい」という指摘をしたところ、なんとマラニックはその文章を削除して、単に僕を馬鹿にする文章に替えていました。
マラニック速報の記事
http://68.ldblog.jp/archives/21101216.html

マラニックがコメントしてきた記事
http://ameblo.jp/jun-009382/entry-11424779810.html

見ず知らずの人間からいきなり中傷を受けたというのに驚きもしない、疑問も持たない、そして抗議もしないで、初めから僕の主張を馬鹿にするという不自然極まりない状態のうえに、今度は公安警察の怖さをアピールする文章まで付け足してきました。

これだけでもマラニック速報が公安運営であることはわかりますが、さらにそれだけではありません。

グーグル検索の「キャッシュ」にはグーグルに掲載されているサイトの過去の記録が残っているのですが、僕は「こいつ公安・・・」という文章が書いてあったことをこのブログで証明しようとそのグーグルのキャッシュに記録が残っているだろうと見に行ったところ、なんとキャッシュも削除されていました。
グーグルで「マラニック速報 マラニック速報は公安のサイト?」で検索すると一番上に表示されていて、その右下の「キャッシュ」というリンクをクリックするとあります。

直リン
http://webcache.googleusercontent.com/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP485JP485&q=cache:http%3A%2F%2F68.ldblog.jp%2Farchives%2F21101216.html

このキャッシュの削除は運営者本人がグーグルに依頼することによって削除されるものなのです。
ということはマラニックの運営者がわざわざこの記事のキャッシュまで削除したというわけです。

普通一般の人間がキャッシュの存在まで思いつきますか?
思いつきませんよね。

しつこいようですが、驚かない、疑問も持たない、抗議もしない上に、公安の怖さのアピール、そしてキャッシュの削除。
どこまで冷静なんだよ。

そしてこのブログでは以前おかしな新聞記事を見つけたためそのURLを晒そうとしたところその記事が既に削除されていたので、その記事のキャッシュのURLを晒したという経緯があります。
「三菱重工サイバー攻撃事件も捏造 その4」

マラニック速報の運営者はそれを知っていたからこそ文章のすげ替えだけでなくキャッシュまで削除したのでしょう。
キャッシュの削除もまたマラニック速報が公安が運営している証拠です。

それと上でリンクしたマラニックのコメントの中で、「2chに晒していいか?」と言ってきたので僕は「早く晒せ」と返事をしたのですが、その後なんの反応もありません。
このブログが2ch内で広まることが怖くて晒せないんですよ。
それはマラニックが公安運営だからこそです。

それと 「ガジェット2ch」http://blog.livedoor.jp/koji446/ もです
このガジェット2chも未だになんの抗議にも来ていません。

僕はこのブログ以外にもこのブログと同じ内容のブログを他にも6つ運営していて、計7つのブログで直リンしているわけだからアクセス解析に僕のブログがたくさん載っているはずなので気付かないといういい訳も効きません。

2012年12月11日 (火)

マラニック速報が公安謀略サイトである証拠


前回記事でマラニック速報が2chで反論していたとことを紹介しましたが今度は自分のブログで反論しています。

こちらです
http://68.ldblog.jp/archives/21101216.html

そして昨日の2chのスレッド
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355128837/

2chでは「www」、マラニック速報でも「www」やアスキーアートを使ったりして、どちらも「僕の主張をまともに相手にしていない」というあざけるような余裕の態度をとっています。

このマラニックの対応、完全に不自然な対応だということがおわかりですか?

みなさんは見ず知らずのサイトで自分に対する見に覚えの無い誹謗中傷を突然見つけたらどうなります?

「え! なんだこれ、なんでこの人私の悪口言っているんだ」
「一体こいつ誰だよ、なんで自分の中傷してるんだよ、自分がこいつになにしたって言うんだよ」

って半ばパニック状態になりますよね。

普通の人間は急に知らない人間が自分に対するいわれの無い中傷をし始めたことに対してまず「驚き」ます。
そして次になんでこの人は自分を中傷するのか、という「疑問」を抱きます。
それから相手に対して「怒り」、「抗議」をします。
そしていくら抗議をしてもだめだった時にあきらめ半分で「あいつは頭がおかしい」と相手を「あざける」という流れになります。

のはずが、マラニックの対応には「驚き」とか「疑問」、「怒り」、「抗議」が全く無く、いきなり僕に対する「あざけり」から始まっているのです。

不自然すぎです。

こちらのことを知らず、身に覚えがないはずの人間がこんな余裕の態度をとっているわけですから。

しかも2chのスレッドのほうは、僕がマラニックの記事を初めて書いたわずか7時間後に投稿しています。
僕の記事に気付いてから間がなく、まだなんの疑問も解決しておらず怒りでいっぱいのはずが、なぜか「www」などを書いて既に余裕を見せるているのです。

こんな対応があるわけがありません。

これに対して「僕の主張の内容が現実離れしているからまともに相手にしない」という理由が通用しそうですが、それは無いですね。
普通の人間は、いきなり知らない人間が自分のブログ名を勝手に揚げて変な噂を流すという失礼なことをしていること自体に対して驚きと疑問と怒りを感じるはずで、中傷の内容などはその次ですよ。

なのに全くそのへんに対する反応が無い。

この「あざけりから始める」という不自然な態度は、明らかに僕がどこの誰で、自分(マラニック速報=公安警察)が僕に対して何をしたかを全て分かっているからこそ、とった態度です。
そしてわかっていることを周囲に悟られないようにしたためにおかしな態度になったわけです。

マラニック速報の読者、そしてリンクサイト、またこのブログからマラニック速報へ行ったこちらの読者。
これらの人たちに「マラニック速報は公安が運営しているブログだ」という僕の主張を信じさせないために慌てて「あざけり」という芝居をしたということです。

マラニックにとってとんでもないことを主張している僕を軽くあざけってあしらう、という余裕の姿をリンク者や読者に見せることによって「僕の主張はただの頭のおかしい人間の妄想」と思わせて話をごまかそうとしているわけです。

また2chのスレッドに関しては前回書いたように、僕に対して余裕を見せて「そんなことを告発されてもなんとも無いよ」と弱みを見せないための工作だったのではないでしょうか。

だからいきなり「あざけり」から始まるという不自然な対応になったわけです。
マラニックの不自然な対応もまた公安が運営しているという証になっているわけです。

それと余談ですが、僕は一般に出回っている2ch閲覧ソフトを利用して見ているのですが、このソフトでは過去ログに行ったスレッドも見れるようになっているのですが、この公安による2chへの書き込みの過去ログは見られない状態になっています。
これまでも何回か見れない記事はありましたが、それはめったにないことです。
これも偶然とは思えません。
関係あるのではないでしょうか。

2012年12月10日 (月)

マラニック速報(公安サイト)が2chで反論していた


前回記事で公安の陥れサイトとして紹介したマラニック速報(公安警察http://68.ldblog.jp/
が2chにこのブログのことを書いていました。

スレッドタイトル
「ちょwww俺のサイトが公安のサイト扱いwww 」

URL
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355128837/

です。

しかし既に過去ログになっているので専用のブラウザがないと見れなくなっているので内容はわかりません。

そして内容よりもなぜこんなに早く僕が2chでこのマラニック速報(公安)のスレッドを見つけられたかを説明します。
上のスレッドタイトル(スレタイ)にもあるように2chなどネットでは「w」という文字が頻繁に使われるのですが、この「w」は「笑い声」を表す言葉で単純に「面白い」ということを表したり、また人を馬鹿にしたりするときにも使うこともあります。
この「w」を「wwwww」と連続して使えば使うほど面白いとか、馬鹿にしている意味が強くなります。

僕は2chを閲覧する時はいつも2ch検索を使って面白そうな記事を探すのですが、その時にこの「w」を「www」と三つ重ねて検索することが一番多いのです。

そして先ほどまた2chを見ようとこの「www」で検索したところ、その検索結果の1ページ目にこのマラニック速報のスレッドが表示されていたのです。

これが偶然だと思いますか?

みなさんも2ch検索で検索していただくとわかりますが、この「w」の数で検索結果がだいぶ変わってくるのです。
なので僕が「w」を3つで検索しなかったらマラニックのスレッドを見つけられなかった可能性もあるわけです。

このマラニックのスレタイにはこの「www」が2つも入っています。

だから僕の検索にうまいことひっかかりこんなに早く見つけられたのです。

これが偶然のわけがありません。
2chには膨大な数のスレッドがあるのに、その中で僕がマラニックの記事を書いたその日のうちにそのマラニックのスレッドを見つけるなんて偶然のわけがありません。

これで「公安が僕がネットでいつどこにアクセスして、どんなキーワードで検索してなにをダウンロードしているかを知っている」ということがお分かりいただけたと思います。

公安はわざとスレタイに「www」を2つもいれて僕の検索に引っかかるようにして僕に自分達のスレッドを見つけさせわけです。

しかし具体的になんのためにそれをしたのかがわかりません。

まあ考えられるとしたら、警察は自分達の弱みを絶対に見せない組織ですから、僕をおちょくってるように見せて自分達には余裕があるように見せたかった、という理由ですかね。

しかしあらゆる人間に協力さて大掛かりなことをやってこのブログを必死で否定しようとしている公安にそんな余裕があるわけがありませんから余計にその可能性が高いです。

マラニック速報(公安)へ。
わざわざ2chに書かないでここのコメント欄で文句を言えばいいじゃんwww

公安警察によるネットでの陥れ謀略

【2ちゃんねるまとめサイトを利用した謀略】

※まず今回の記事では周囲や僕自身に迷惑がかかるので大雑把な説明しかできないため、なにがなんだかわからないかもしれません、ということを言っておきます。

前回記事で説明したように公安警察は我が家のネット回線の盗聴を行っていて、僕や家族がいつどこにアクセスしたかなどネット上の全ての動きを把握しています。

そして「PC遠隔操作事件の真犯人は私です その1」で「最近僕は2ちゃんねるを頻繁に利用するようになった」ということを書きましたが、ネット盗聴をしている公安は今度はその2ちゃんねるのまとめサイトを利用して僕を陥れようとしています。

2ちゃんねるまとめサイトとは、2ちゃんねるに掲載されているスレッド(タイトル)とそのスレッドに対するコメントを読者が見やすいように編集して公開しているサイトのことです。

公安は僕がこの2ちゃんねるまとめサイトを利用していることを察知して、公安自らがまとめサイトを作り上げ、ある方法で僕に接触してきました。

その公安のサイトは

「マラニック速報」
http://68.ldblog.jp/

「ガジェット2ch」
http://blog.livedoor.jp/koji446/

というタイトルのまとめサイトです。
他にも数サイト怪しいと思っているサイトがありますが、決定的な証拠が無いので今はサイト名は晒しません。

このマラニック速報とガジェット2chは初めから僕への接触のタイミングやそのやり方が不自然でした。
初めての接触はマラニック速報からの接触だったのですが「随分タイミングよく来たな」という接触でした。そしてマラニックのほうから来たくせになぜかその後なんの反応もしなくなるという不自然なものでした。

そしてガジェット2chに関しては初めは僕のほうから接触して、一応こちらの要求は受け入れてくれたのになぜかなんの返事もよこさないという不自然なものでした。

この時点でおかしいなと思い、これは公安が関係しているのではと思い、さらにその後ある理由でこれらのサイトが間違いなく公安が作ったサイトだと確信しました。

しかしその理由は一切書けませんが、それを説明すれば直ぐに公安が作ったものだとわかるような理由なのです。

以前このブログで「公安は僕がこのブログや僕が運営している他のサイトやブログなどを使って他のスパイやテロリストと情報交換をしているということにしようとしているのでは」ということを書きましたが、

「もしかしてあれが理由?」

「もしかしてあれが理由? その2」

今回のまとめサイトの件もその工作の一部です。

「僕がネットを利用して他のスパイやテロリストと情報交換を行っている」という話を造るために公安が僕が2chやまとめサイトにアクセスしていることを利用して、先回りしてまとめブログを作り僕に接触してきたのです。

僕が2chやまとめサイトを利用して情報交換を行っている、ということにしようとしているのです。

今回は2chやまとめサイトですが、もしかしたら公安はこれ以前からネットを使って色々な工作をしている可能性があります。
何しろネットに関してはこちらからは相手が見えず、そしてあらゆるところからメールやコメントなどが来るので、どうとでも工作が出来てしまうわけです。

しかし別にこのようなことがあっても2chもまとめサイト、そしてネットの利用はやめることはありません。
このブログがある限り、公安が何をやっても意味はありませんから。
今回は一応公安はこういう方法で僕を陥れようとしている、という説明と公安のサイトを晒しておきました。

2012年12月 9日 (日)

公安警察のインターネット工作

【このブログへのコメント】

僕はこのブログと同じ内容のブログを6つ運営(サイドバーにリンク有り)していますが、それらのブログのコメント欄に「エスビオナージ」などと名乗ってコメントしてくる人間がいるのです。
2年ほど前から異常なほどしつこくコメントしてきて、このブログで訴えていることを否定し、僕をあざけるようなことばかりを書いてくるのです。

そして以前からこのエスビオナージは公安警察を擁護するようなコメントばかり書いてくるので、実は公安自身がエスビオナージと名乗ってコメントしているのではないか、と思っていました。

そして最近になってエスビオナージは僕が働いていないことを知っている内容のコメントをしてきて、さらにその次のコメントでは働いていないことを知っていたことをごまかすようなコメントをわざわざしてきたのです。

この時点で僕は公安によるコメントだと確信しました。

そしてそのことをコメント返事で指摘したところ、とうとうその次のコメントでは開き直って僕への脅しまでしてきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/furisker/diary/201207190000/#comment
http://plaza.rakuten.co.jp/furisker/diary/201210200000/#comment

※僕のコメントがガラの悪い内容になっていますが、これはエスビオ(公安)に2年もの間めちゃくちゃなコメントされ続けたためまともに返事をするのが馬鹿らしくなったためあのような返事になりました。

このエスビオナージと名乗る人間は間違いなく公安警察自身です。

要するに公安警察がこのブログの存在を知っているという証拠になるわけです。

しかしこんなコメントが無くても「警察が僕を知っている証拠 」などで説明しているように公安がこのブログに気付かないわけがないのです。

知っていて知らない振りを決め込んでいるのです。

「だったらなんで公安とバレるようなコメントをするんだ」と思われるでしょうが、コメントなどは「僕の自作自演」というごまかしが効きますから。
ごまかせるからこそ公安は大勢の人が読んでいる前であんな堂々と脅しができるわけです。

さらに公安によるネット工作はこれだけではありません。
公安警察は僕がどこにアクセスしてどんなキーワードで検索してどんなものをダウンロードしたかなど僕のネット上の行動をリアルタイムで監視しています。
要するにネットの盗聴を行っているということです。
それは次のようなことなどでわかります。

【ニコニコ動画で嫌がらせ】

僕は2年ほど前から暇つぶしのために1日の間に何度もニコニコ動画を利用するようになったのですが、そこに公安警察が現れるのです。

色々と影響を与えるのですあまり詳しくは書きませんが、僕がニコ動にアクセスすると直ぐにこのようなタグが現れます。

Ws0000572

Ws0000582

Ws0000632

普通このタグ欄にはその時の話の流れに沿ったキーワードが表示されるのですが、「電磁波」や「うつ」などは全くその場の状況には関係の無い言葉です。
このタグは視聴者なら誰でも投稿できるようになっています。
そしてこれらのタグは僕がニコ動にアクセスした時にはまだ表示されておらず、しばらく視聴していると急に表示されるようになり、消えたり表示されたりを繰り返すのです。
毎回そのパターンです。

この「電磁波」というものに関してですが「公安は捜査対象者に対して電磁波攻撃という超音波のようなものを使って嫌がらせを行って精神崩壊させる」という噂がネット上で流されています。
そして僕もネットで公安のことを検索していて散々この話を読みました。
ちなみにこの電磁波攻撃など実際には存在しません。
これは公安を敵に回して嫌がらせを受けた人たちが、周囲に対して怯え、音に対しても敏感になっていて、普段は意識しないような音まで意識するようになって聞こえるようになってしまった音を「公安による嫌がらせだ」と思い込みそれに「電磁波攻撃」という名前が付けられネット上で噂になっているだけです。

そして「うつ」に関してですがブログで書いたことがありますが僕は鬱病をわずらっています。

また上の画像にはありませんが、以前は「集団ストーカー」や「糖質」という言葉がはいるタグも頻繁に見かけました。
この「集団ストーカー」に関してはリンクしている動画で紹介しているように僕が公安や自衛隊から受けているのが集団ストーカーです。
また「糖質」とは統合失調症の略です。
僕のブログにもエスビオをはじめ僕を統合失調症呼ばわりするコメントを書く人間が多くいます。

さらにこのタグ以外にもコメント欄には「INTELLIGENCE(諜報)」とか「北朝鮮」とか「テロ」だとか話の流れとは全く関係の無い文字が突然表示されることもあります。

このニコ動のタグやコメントの内容と貼られるタイミングから考えて、公安が僕が置かれている状況や、僕が電磁波攻撃の噂を知っていることを知って、僕を精神的に不安にさせるためにわざわざ僕がニコニコ動画を視聴し始めるとこのようなタグを表示させているのでしょう。

僕に存在しないものを存在するかのように思い込ませ精神的に追い詰めたり、存在しているものをさらに意識させたりして不安に陥れようとする嫌がらせというわけです。
また僕が北朝鮮のスパイやテロリストに仕立て上げられているということも意識させ精神的に追い込もうとしているわけです。
陰湿極まりない嫌がらせです。

動画にあるように公安は僕が外に出ればセスナやパトカーなどで嫌がらせを行います。
そして以上説明してきたように公安はネットでの嫌がらせも行うわけです。

要するに公安は僕が家にいても外に出ても必死になって嫌がらせを行って、そして精神崩壊させて口止めを図ろうとしているわけです。

そしてこれらが公安警察が僕の家のネット回線に入り込んでネット盗聴をしているという証拠になるわけです。
「ネット一時不通 」で説明したように07年にネットに関して不自然なことが起きています。
恐らくこれもネット盗聴と関係があるはずです。

次回もこのネット盗聴を利用した公安の工作を紹介します。

2012年12月 5日 (水)

PC遠隔操作事件の真犯人は私です その2

またしばらく更新しませんでしたが、その理由は前回の「その1」で説明したようにこの遠隔操作事件の嘘バレバレの内容であるためそれについて説明する気が沸かなかったことと、事件の経過を伺ってたという理由もあります。

そして本題ですが、前回の記事を書いた後、警察は北海道の2chの関係箇所が強制捜査をしたことにしましたが、これに関してこのようなことを告発しているサイトを見つけました。

http://getnews.jp/archives/276374

このサイトでは
「警察が強制捜索に入る様子がテレビカメラやカメラで撮影されていた、これは警察が事前に捜索に入ることをマスコミに伝えて強制捜査の様子を撮影させ事件を演出している。このような捜査の仕方は問題だ」

と説明しています。

このような強制捜査の内容からすれば、「その1」の1,2,3、で説明した「あれだけ2chを敵視していた警察が2chへ対してなんの捜査も措置も取っていないのはおかしい」という矛盾点をごまかすために行われた単なる「パフォーマンス」という証拠ですね。

建前だけで中身は空っぽの捜査で、国民に見せるためだけに行われた捜査ということです。

まあ、このように強制捜査時の映像はずっと昔からしょっちゅう流れているので「その流れで行われたもので遠隔操作事件の矛盾をごまかすために行われた手法ではない」といういい訳も出来ますが、「その1」で説明した遠隔操作事件の数々の矛盾点や不自然な点と合わせれば間違いなくこの捜査はごまかしのために行われた捜査で、そしてこの事件が警察の自作自演である証拠でもあります。

そしてみなさん、あの昔からあった「強制捜査時の映像」は本来あってはならない映像だったということです。

今まで知りませんでした。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年2月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ