カテゴリー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 新日本ガスの真実 その2 | トップページ | ホンダエアポートの真実 »

2014年6月29日 (日)

新日本ガスの真実 その3

日本では国民を武力攻撃やテロ行為などから守るための法律で国民保護法というものがありますが、その法律の様々な企業への法律に関する協力を要請できるそうになっているのですが、その企業の中に新日本ガスも含まれています。
ここに載っています。
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/05b00-011.html

そして数年前の話ですが確か新日本ガスがテロ対策関係で積極的に協力したとかで埼玉県から表彰されていたニュースを見た記憶があります。

これで新日本ガスが僕に対してストーカー行為を行う理由がわかると思います。
といっても最近ではテロとか工作員とか関係はなくただ単に、僕を精神的に追い詰めて自分たちが行ってきた犯罪行為の口止めをするための行為でしかありませんが。

そして新日本ガスが公安警察と連携している証拠として、その1で書いた友人のマンションの駐車場に現れたと書きましたが、その友人の家に行くことは電話でしか話していないので、電話の盗聴を行っていないとわからなかったことなのです。
さすがにただの一般企業が電話の盗聴など出来るわけなどありませんから、公安から直接指示を受けておこなったストーカー行為だったということになるわけです。

また新たに動画を見つけたので載せておきます。
どちらも同じ日に出かけた時に現れたものです。




新日本ガス本社所在地
〒364-0003
埼玉県北本市古市場1-5
電話番号 048-592-2411(代表)
営業時間/9:00〜17:30

ホームページURL
http://www.shinnihon-gas.co.jp/

« 新日本ガスの真実 その2 | トップページ | ホンダエアポートの真実 »

07 地元の様子」カテゴリの記事

コメント

最初から最後まで読ませていただきました。

まず僕の率直な意見を述べさせてもらいます。

自衛隊機の飛行についてですが、飛行経路
、各ウェイポイント、風向き、任務内容によっては毎回同じ経路を飛びます。また民間機についても同じです。もし、本当に貴方を監視、脅迫するのであれば、無駄に税金は使いませんし、それよりもはるかに高性能な監視衛星による監視の方が理に叶ってます。

また、以上の理由から民間人を利用した監視もあり得ますが、監視する側になんの利益もなければ監視する時間の無駄です。

また、貴方からの報復を考えれば、最大限の安全管理を徹底されない限り民間人も断るでしょう。


貴方からすれば、被害妄想の一言で片付けられない問題かもしれませんが、このようなサイト、ブログを書き、公表していれば初見の人は
、アブナイ奴、おかしい奴扱いをしてきて当然です。

貴方の国はどこですか?日本ですよね。日本の保険や福祉など、様々な制度が税金で行われています。もし、貴方を重要監視下に置くならば、とっくに不当逮捕されて檻の中にいるはずです。


少しは不安要素取り除けたら幸いです。
では。

追記です。

言い忘れました。

もし、航空機で個人を監視するなら輸送機、双発ヘリ、単発ヘリではなく、偵察機を高高度にて飛行させ、高性能なカメラ、赤外線装置にて監視、偵察を行うはずです。

また、先ほど挙げた、監視衛星、軍事衛星による衛星写真、例えば貴方の顔、車のナンバープレート等の画像をネット公開、自宅に送付などの方が精神的、肉体的にはるかに効果的と考えます。


それらの中に覚えが無ければ貴方への監視活動は、ほぼ皆無ではないでしょうか…。

こちらにはhttps://www.youtube.com/user/rarahonya/ホンダエアポート所属のセスナ機などの動画も載せています。
もしあなたが外に出かけるたびにこのようになんらかの航空機が現れそして頭の真上を通過していくような状況になった時にあなたは単なる偶然で片付けますか?
もしそうなら明らかにそのほうが不自然な考え方ですよね。

それと「僕を不当逮捕して監視するはず」と言われますが、僕を逮捕したらhttp://jinkensingai.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-c739.htmlで告発しているようなことや、自衛隊やホンダエアポートなどが行ってきたストーカー行為などが表ざたになるから逮捕できないと言う考え方もできますよね。
要するにこのブログで告発していることが真実だから逮捕できないし、そしてだからこそストーカー行為を行って精神的に追い詰めようとしている、と言う考え方もできるわけです。

それとあなたは警察や自衛隊、ホンダエアポートにこのブログの存在を知らせたほうがいいのでは?
ここに書いてあることが嘘ならば単なる誹謗中傷の犯罪行為になるわけで、そして僕が逮捕されるはずですから。
しかし僕は逮捕されることはありません。それもこのブログに書かれていることが真実だから、という考え方もできます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/341646/56645246

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本ガスの真実 その3:

« 新日本ガスの真実 その2 | トップページ | ホンダエアポートの真実 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ