カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

04 北朝鮮スパイでっち上げ時系列表

2008年6月19日 (木)

北朝鮮のスパイでっち上げに関する時系列表

僕が北朝鮮のスパイに仕立て上げられた経緯について時系列表でまとめてみました。これで少し話の内容がわかりやすくなると思います。今回は北朝鮮のスパイのでっち上げをわかりやすくするためにそれ以外のでっち上げに関しては今回は省いてあります。 (このブログの07年の8月以前の記事を読むには、左サイドバーの「バックナンバー」をクリックすると過去の記事が読めます。)

95年(平成7年)   

7月: 本業のかたわらで極わずかですがミサイル部品の試作品も扱う会社(X社)に入社
(関連記事 ここから06年1月26日までのおおまかな経緯については07年6月25日 「前回の記事の説明」の記事を参照してください)    

7月: X社で事故発生(1人死亡、負傷者複数)  

12月: 疲れやすい、気力が無いといった体調を改善のため新宿百人町にある特殊な治療を行う歯科医院(Z医院)に通い始める 
(関連記事 5月28日 「僕が通っていた病院について」 B事件=ミサイル情報漏えい事件)  

12月: Z医院での矯正治療に使うために信販会社でお金を借りたため、X社に本当に働いているかの確認の電話が信販会社からかかってくる。

96年(平成8年)   

1月: X社の事務所に空き巣が入る   

1月: 自分が空き巣で疑われる   

2月: いずらくなってX社を辞職

97年(平成9年)

98年(平成10年) 

12月: 警備員のアルバイトを始める  

99年(平成11年)  

10月: 桶川ストーカー事件発生 主犯格の男が逃走  その後アルバイトの現場にパトカーが頻繁に現れるようになる また帰宅の電車の中で警察らしき 男に気づく
(関連記事 07年4月5日「B事件でっち上げまでの経緯」 はじめから中段くらいまでの記事)

00年(平成12年)    

4月: 鬱病がひどくなってきたためアルバイトを休職する   

5月: 家族がひったくりに遭い刑事が家に来る   

6月: 警察の監視に気づく   

6月: アルバイトを辞める   

6月: 韓国国家情報院が韓国人のA氏に対する北朝鮮のスパイの疑いで日本での捜査を行う公安警察が捜査に協力     
(関連記事 08年6月10日「日本と韓国のでっち上げ」 オーマイニュース)  

11月21日: 百人町事件でスパイ2人を検挙         
(関連記事 08年5月29日「スパイ検挙はでっち上げ」

01年(平成13年)   

9月11日: ニューヨークテロ発生    
その後自衛隊による自衛隊機での脅迫行為が始まる
(関連記事 これは7年間の脅迫行為の極一部分の記録です。  アメーバビジョン

02年(平成14年)   

5月: 韓国でA氏が北朝鮮のスパイとして逮捕・起訴される      
(関連記事 08年6月10日「日本と韓国のでっち上げ」 オーマイニュース)   

7月: 友人(新郎が医者、新婦が看護師)の結婚式に参加      
 (この式に、後に工作員の伝令役とされる人間と同姓同名の知り合いや、群馬県の電気関係の工場、印刷工、電気設備関係で働く友人などが参加)  

12月: 鬱病治療のため大宮の病院に通い始める

03年(平成15年)

04年(平成16年)   

5月: 韓国でA氏に無罪判決が言い渡される      
(関連記事 08年6月10日「日本と韓国のでっち上げ」 オーマイニュース

05年(平成17年)  

工作員の伝令役が僕の知り合いと同姓同名だった報道や、北朝鮮は日本の工場にスパイを送り込んで情報を盗んでいるという報道がある(報道された正確な時期を忘れましたが、04年の暮れから、05年の初めの間であることは間違いありません)   
(関連記事 07年6月26日「伝令約の造られ方」

11月: 近所の住宅街で僕が一時停止違反で捕まった際に警察官に対して「警察が人権侵害しているぞー」「人権侵害で訴えてやるからな」と大騒ぎする        
(関連記事 07年5月14日「B事件の家宅捜索のきっかけ」 B事件=06年1月17日のミサイル情報漏えい事件と僕自身が疑いをかけられているミサイル情報漏えい事件)

06年(平成18年)    

1月 5日: 警察庁の漆間長官が会見を開き、今年は拉致事件に対して積極的に取り組むというような発言をして、その中で今まで拉致の認定をしていなかった人たちに対しても取り組むような発言もしていました   

1月17日: X社の関連会社の提携会社がミサイル情報(93年から95年の情報)が北朝鮮に流出したとして家宅捜索を受ける
(関連記事 07年6月23日「B事件=ミサイル情報漏洩事件」   

1月26日: Z医院が軽微な罪で家宅捜索を受ける   

5月25日: Z医院で治療を行っていた先生が逮捕される しかしスパイに関する証拠などは一切でず  

11月: 僕の家族の特徴とそっくりの工作員の似顔絵が公表される。
(関連記事 07年9月1日「あの似顔絵もでっち上げ」

11月27日: 不正に入手した薬品を万景峰号で北朝鮮に輸出しようとしていたとして在日朝鮮人の女性の自宅や世田谷区の太子堂にある総連施設などを家宅捜索。太子堂は僕が学生の頃によく出かけていた三軒茶屋のとなりです。それと02年7月の結婚式の新郎が医者新婦が看護師です。         
(関連記事 07年8月29日「最後の捜索」 B事件=06年1月17日のミサイル情報漏えい事件)  

11月29日: 川崎市にある派遣会社が無届けで群馬県の工場(この工場の近くに、結婚式に参加した友人が働いている工場があります)に労働者を派遣していたとして家宅捜索を受ける。社長が朝鮮籍の女性でその前の社長がその夫で在日本朝鮮人科学技術協会(科協)の顧問でミサイル技術に精通した人物。         
(関連記事 07年8月29日「最後の捜索」 B事件=06年1月17日のミサイル情報漏えい事件)

07年(平成19年)   

3月22日: このブログを書き始める
    ブログ投稿の数時間後に渡辺秀子さんの事件が特定失踪者調査委員からマスコミに公表される 
(このブログ以外にも全く同じ内容のブログを6つ書いています。そのうちの5つは07年3月22日から書き始めましたが、このココログともう一つは後から足したブログなので4月から書き始めています。) 

4月: 警察が渡辺さん事件での関係箇所を家宅捜索   

4月; 渡辺さん事件で大騒ぎの最中に、深夜の討論番組で北朝鮮関連の報道での問題点を扱う
(関連記事 07年5月16日「マスコミに関して」、17日「昨日の続き」 A事件=渡辺秀子さん殺害と家族の拉致事件  B事件=ミサイル情報漏えい事件)   

5月: マスコミが渡辺さん事件を全く取り上げなくなる      
(関連記事 07年6月28日「ある新聞社へ」 12月5日「マスコミ自身が認めました」)      

その後他の拉致事件や北朝鮮関連の報道量が激減する   
(関連記事 07年10月21日「最近このブログを読み始めた方へ」

その他のカテゴリー

01 初めて来られた方はこちらを 02 僕が無実である決定的な証拠 02 僕が訴えを起こさない理由 02 前科もありません 02 家族は事実を知りません 02 日弁連へのお願い 03 外事警察 03 盗聴と通信妨害? 03 自衛隊の動き 03 警察がでっち上げを行う意図 03 警察が僕を逮捕できない理由などない 04 「日本はスパイ天国」は大嘘 04 アメリカのロシア人スパイもでっち上げ 04 ウィキリークスの真実 04 スパイ・北朝鮮関連記事 04 パチンコ業界と北朝鮮に関する嘘 04 三菱サイバーテロと大分3事件 04 不自然な拉致情報 04 僕の家族も工作員? 04 北の女スパイ(元正花)事件の真実 04 北朝鮮スパイでっち上げ時系列表 04 北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている 04 在日と政治家の癒着もデマ 04 川口市の拉致事件の真相 04 時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠 04 消えた拉致事件(渡辺秀子さん) 04 田口八重子さんの情報の嘘 04 目黒・世田谷殺人事件もでっち上げ 04 藤田進さんの拉致も嘘 04 露・北スパイ事件とJリーグ事件 04 Jリーグスパイ・テロリスト 05 テロが捏造されている証拠 05 テロリストでっち上げ時系列表 05 テロリスト関連記事 05 テロ情報流出事件とJリーグ 05 ブログでテロ・スパイ指令? 05 マインドコントロール事件の真実 05 公安警察とCIAがテロ謀略 05 焼肉えびす食中毒と僕の家族 05 PC遠隔操作事件の犯人は私です 06 オウムと北朝鮮の関係はあり得ない 06 オウム信者でっち上げ時系列表 06 オウム逃亡犯逮捕は自作自演 07 上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編 07 上尾警察のお手柄は自作自演 石津淳編 07 地元の様子 07 子供を狙った犯罪でっち上げ 07 振り込め詐欺のでっち上げ 07 警察が家に来た 07 黒いスポーツカーに関して 08 「芸能界と暴力団の黒い関係」は捏造 08 その他色々なこと 08 上智女子大生殺害事件 08 千葉大女子大生殺害事件 08 埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ 09 内容に誤りが見つかった記事 10 マスコミは僕らを知っている ニュース

最近のトラックバック

無料ブログはココログ