カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

02 僕が無実である決定的な証拠

2015年1月23日 (金)

朝鮮総連本部を買い取ったマルナカが現れた

前回の記事で新しくブログを立ち上げてそちらをメインにすると書きましたが、重要な出来事があったのでとりあえずこのブログに記しておきます。

公安が僕を北朝鮮の工作員に仕立て上げようとしている決定的な証拠ができました。
これでこの話を信じていない方もそうでなくなると思います。

今日(2015年1月23日)総連本部を落札した企業が再び総連本部、総連側に売却する可能性がある、というニュースがありましたが、このニュースが関係する証拠です。

<ニュースの経緯>
朝鮮総連本部が競売にかけられたニュースが一昨年あたりからあり、最終的に昨年10月に再入札で落札されました。その落札した企業が、香川県に本社を置く「マルナカホールディングス」という企業です。
このマルナカは以前はチェーンストア事業を中心に不動産やレジャー関連の事業を展開していましたが、2012年からはイオングループにチェーンストア部門を譲渡して、不動産業を中心の企業となっているようです。


そしてここからが問題です。
このマルナカは大阪にある舞州ヘリポートに自家用ヘリを所有しているらしいのですが、そのヘリがなんと数百キロ離れた埼玉にある僕の自宅の目の前に現れました。

これがその時の映像です。都合により音声は入っておりません。

自宅の上空を6、7分の間、一定の範囲内をぐるぐると飛び回っていました。

そしてこのヘリの機体の下に「JA868M」と書いてあったので検索したところ、このマルナカが所有していることがわかりました。

Vlcsnap2015012319h13m22s39

数百キロ離れた、そして北朝鮮の工作員にし立てあげられようとしている人間の家の上空に総連本部を買い取った企業のヘリが現れました。
しかも明らかに機体番号や形状が僕に見える場所しか飛行していません。
最近新しくカメラを買って鮮明な映像を撮れるようになって動画をユーチューブにアップした矢先にこの状況です。
このマルナカヘリの動画をユーチューブにアップすれば僕が北とのなんらかの関係があるかのように見えてしまいます。

そしてこれだけではありません。
この出来事とほぼ同時期に話題になった「つまようじ混入事件」です。
これもユーチューブが関係した事件です。

マルナカヘリと、つまようじ事件、どちらも自身のストーカー動画をアップされている警察にとって都合が良すぎる事件です。

公安がこの「マルナカ所有ヘリ」を僕に撮らせて、下手に撮影して投稿していると落とし穴があるぞ、という脅しのための工作ではないでしょうか。
そしてつまようじ事件はネットに悪質な動画を投稿すると逮捕されるぞ、という警告になります。

こんな警察にとって都合がいい2つの出来事が同時期に起きているわけですからどちらも偶然のわけがありません。

警察はこれらの工作で僕が恐れて動画の撮影、投稿をやめ、動画を削除するとでも期待した工作でしょう。

こんな馬鹿げた工作を行うというのは警察がとことん追い詰められている証です。
僕自身はこれからも動画投稿もブログもサイトもやり続けますけどね。

僕が北の工作員に仕立て上げられている決定的な証拠ができたので僕自身のほうが得をしました。

で、もし、これが「僕が本当に北の工作員で、警察の自演のように見せるために、わざとマルナカヘリを飛ばした」という話が造れそうですが、これもありません。

それまでに警察や自衛隊、消防、救急車、ホンダエアポート、新日本ガスの動画を散々投稿していて、警察を陥れるどころの話ではないわけです。僕自身を警察に逮捕されるようなことをしていることになるわけですから。


「マルナカ」と「つまようじ事件」に関するニュース

産経新聞
1月23日 7時55分

在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部ビル(東京都千代田区)を落札した高松市の不動産業「マルナカホールディングス」が近く本部ビルを転売する見通しであることが22日、複数の関係者への取材で分かった。転売先として東北地方の不動産会社が浮上している。朝鮮総連は迂回(うかい)転売後の賃借による本部維持を計画。同社などと賃借契約することで、入居を続ける可能性が高まった。

 朝鮮総連関係者や公安関係者らによると、転売先が早ければ今月中にも契約金を振り込み、2月には所有権を移す方向で準備を進めている。マルナカは本部ビルを22億1千万円で落札したが、転売総額としては40億円台が見込まれているという。

 マルナカは当初、朝鮮総連に明け渡しを求める方針を示し、昨年11月の落札の最終決定後にも同社幹部は、産経新聞の取材に「朝鮮総連の関係先に売却することはない」と明言。「売却先候補と朝鮮総連のつながりについても調査する」としていた。

 また、朝鮮総連の不服申し立てで所有権取得が遅れたとして、東京地裁に1億円の損害賠償を求める訴えも起こしている。

 朝鮮総連側は、マルナカ側が直接、売却や賃貸する意思がないことから、表向きは総連と関わりがなく、賃借契約に応じる転売先の確保に向け、政界関係者や業者と交渉し、資金の工面も進めてきた。

 一方で、公安関係者によると、東北の不動産会社は、朝鮮総連との関わりも指摘される。今回の契約について、朝鮮総連が事前に水面下で調整し、同社か、同社の再転売先と賃借契約を結ぶ可能性がある。

 今回の契約は、本部維持に向けた朝鮮総連の計画に沿った動きともいえるが、転売先となる企業がどう資金調達をしたか、マルナカ側がどこまで朝鮮総連の関与を把握した上で売却交渉に臨んだかなど、不透明な部分は少なくない。




つまようじ少年逮捕 「かまってほしい心理の表れ」と専門家分析
産経新聞
2015年1月18日

警察を挑発する動画を投稿してきた少年だが、18日の逮捕後は素直に捜査員の調べに応じたという。投稿された問題の動画はインターネット上で多くのサイトに転載され一気に拡散。専門家は模倣犯の助長につながると危惧するが、問題動画の投稿を事前に規制するのは難しいのが現状だ。

 少年は、警視庁が捜査を始めた後も動画投稿サイト「ユーチューブ」への投稿を継続。「警察はまだ私を捕まえられない」など、挑発的な発言も繰り返しながら、商品を持ち出すような動画を投稿した。

 少年の一連の行為について、犯罪心理に詳しい「こころぎふ臨床心理センター」(岐阜市)の長谷川博一代表は「かまってほしい、見てほしいという欲求の表れ」と分析するが、「ネット上で拡散する情報は若者に対する影響が大きく、模倣犯が出る可能性もあるだろう」と指摘する。

 実際、長崎県のスーパーでつまようじが差し込まれた商品の菓子が見つかり、偽計業務妨害容疑で17日に少年(17)が逮捕。千葉県でもコンビニやスーパーで食品に針が混入される事件が相次いでいる。

 ユーチューブのガイドラインでは、暴力的な動画は削除する方針を示すが、いたずら行為の動画については明確な記述がない。ネット事情に詳しい久保健一郎弁護士は「サイトの運営者が投稿を規制するルールを設けることは可能だが、一度投稿された動画は他のサイトに転載され、完全に消すことはできない」と指摘。「サイトの運営者が事前に内容を確認して差し止めるのは一種の検閲になる。投稿後に削除するなど事後的な対応しかないのが実情だ」と話している。

2014年1月 2日 (木)

【北朝鮮】張成沢(チャンソンテク)氏の粛清で証明される僕の無実

昨年末に北朝鮮で政府に対する裏切り行為を行ったとして張成沢(チャンソンテク)氏の粛清が行われたというニュースがありました。

このニュースを見て気づいたことがありました。

張氏の処刑以前にも、これまで北の要人や工作員に対する処刑や韓国内で逮捕された工作員や亡命した要人に対する口封じのための暗殺未遂事件が何度もニュースでやっていました。

これらのことからすれば僕も北の暗殺対象になっていなければいけないはずです。
なぜならこのブログやサイトを運営しているからです。

ブログやサイトで公安の行為を犯罪だとして次々と告発してネット上にばら撒いているため、当然公安に気づかれマークされてしまうわけです。

となると公安に僕の身辺を調べられ北の工作員であることがばれて、北の工作活動もばれてしまう、ということになるわけです。

書いている内容は「北に関する情報は捏造だ」という主張で一見北の擁護をしているようですが、僕が北の工作員だとすれば実際のところは日本における北の工作活動の妨害する存在となってしまっているわけです。

なので僕は北の邪魔者ということになり暗殺対象になっているはずなのです。
しかしもうこのブログを始めて7年近くにもなりますが、僕は健在です。

そしてわざわざ自分から公安を誘っておいて、その目の前、あるいは電話やネットを使って他の工作員とのやり取りをするわけなどありません。

これは以前から何度か説明していますが、僕は普段ニコニコ動画を利用していてニコニコ生放送(通称ニコ生)というものを毎日視聴しています。このニコ生では一般の人が数十人から数千、多いときだと数万人の視聴者たちと会話とコメントでやり取りする放送です。
僕が視聴している放送者は数十名いるのですが、その中に怪しい放送者がいるのです。

その人の放送やツイッターの言動が時々かなり不自然になるのです。
と言ってもその人は精神的に少し問題がありそうな人なのでそのような言動があってもおかしくはないわけですが。
その言動の内容を詳しく書くと万が一その人がこのブログを見つけて自分のことだとわかるとまずいので詳しくは書けません。

しかしそれらの言動を総合してみるとまるでその人がなにかの犯罪行為に加担していて、その行為が嫌になって時々犯罪の内容を放送やツイッターでほのめかしてばらしている、という感じにみえるのです。
そしてその人は去年の12月終盤、張氏処刑の後から突然いなくなりました。

北朝鮮の工作員に仕立て上げられている僕が見ている放送でそのような不自然な内容の放送をしていて、そして張氏処刑の後にいなくなる。

そして以下の記事によると日本にも張成沢氏の仲間がいてその仲間たちも暗殺されるのではないかという内容の記事があります。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131219/frn1312190731000-n1.htm

またこちらの記事によると張成沢氏の仲間が逃れられないと自殺した者もいるらしいです。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2013122800154

上のような状況を総合すると、その放送者が張成沢氏の仲間の工作員で北の工作活動をばらしたことによって暗殺された、もしくは張氏がつかまった後に自分も逃れられないと思い自殺した。
という話を作ることができます。

もちろん僕は北の工作員ではないわけで、その放送者も変わっている人なので、単なる偶然ということはあり得ます。

でももしそのような話が事実ならやはり僕もとっくに暗殺されているはずです。
これでまた僕の北スパイ説がさらに否定されました。

ちなみに上のZAKZAKの記事で、外事警察が張氏が日本に来ていたことを確認していると語っています。
「外事警察」で検索してみてください。現在2ページ目に僕のサイト「外事警察の実態」が表示されています。
外事警察がそれに気づかないなどあり得ません。

それと「スパイに仕立て上げられている人間がニコ生なんか見ているのか」と思われるかもしれませんが、僕が何らかの犯罪者ではないことは証明していて緊張感などほとんど無く、しかし外に出ればストーカーという嫌がらせを受けているので、家に居るしかなく他にやることも楽しみもなにもないわけですから、当然そういう生活になるわけです。

2012年7月 1日 (日)

警察が僕を知っている証拠

下に示した「 」の中のキーワードで検索してみてください。すると矢印で示した( )のタイトルのブログやサイトが1ページ目に表示されています。
それらは全て僕のブログやサイトです。

※表示順位は常に変動しているため1ページ目に表示されていない場合もあります。

「公安警察」 → (公安警察人権侵害日記)

「外事警察」 → (外事警察の実態)

「田口八重子」 → (田口八重子さんの情報の嘘 その5: 僕が受けてきた人権侵害)

「木嶋香苗」 → (木嶋香苗の真実)

「上田美由紀」 → (上田美由紀の真実)

「日本 北朝鮮 スパイ」 → (日本における北朝鮮スパイ(工作員)の実態)

「振り込め詐欺情報」 → (振り込め詐欺情報)

「桶川 不審者」 → (桶川市不審者情報こんなブログ) (桶川で起きている人権侵害) など

「桶川 交通事故」 → (桶川市ひき逃げ交通事故情報: 僕が受けてきた人権侵害)(桶川市ひき逃げ交通事故情報 - 楽天ブログ ) など

「桶川 振り込め詐欺」 → 1ページ目に出ているサイトのほとんどが僕のサイト

「桶川 オウム信者」 → 1ページ目に出ているサイトのほとんどが僕のサイト

「桶川 北朝鮮 スパイ」 → 1ページ目に出ているサイトのほとんどが僕のサイト

「桶川 アルカイダ」 → 1ページ目に出ているサイトのほとんどが僕のサイト

「桶川 テロリスト」 → 1ページ目に出ているサイトのほとんどが僕のサイト

この検索エンジンの状態が2~5年続いているのです。
しかもこれらのような検索結果は極々一部に過ぎません。

同じ内容のブログを7つも出していて、さらにサイトも7つやっていて、大量の記事数になるわけです。
そのせいでアクセス解析を見ると毎日様々なキーワードで多くの人たちが僕のブログやサイトに来ています。
特に「木嶋香苗の真実」は裁判期間中だけで10万人以上の人が来ました。

にも関わらず馬鹿公安をはじめ警察は僕のブログやサイトに気づかない振りをし続けているのです。

「公安警察」「外事警察」というキーワードに関しては警察の部署の名前です。
また「振り込め詐欺情報」や「桶川 不審者」で検索すると、同じ1ページ目に(警察庁振り込め詐欺対策HP)や(犯罪から子供を守ろう)という警察自身のサイトがあります。
ちなみに「桶川」は僕の地元名です。

これらのようなキーワードで僕のブログやサイトが検索エンジンの上位に表示されている状況で警察職員や公安警察、外事警察職員、警察の広報、上尾警察職員などが僕のブログやサイトに気づかないなどあり得ません。

現在警察をはじめボランティアも参加して個人や団体に対する誹謗中傷や犯罪予告、犯罪取引などのネット上の犯罪を取り締まってます。
またさらにそれだけでなく、警察職員は全国に25万人もいるのです。
それだけの警察関係者や協力者がいる状況で、さらに大量の一般市民が毎日僕のブログやサイトに来ているのに、警察関係者だけが誰一人気づかないと言う馬鹿げた話があるわけがありません。

僕のブログやサイトでは警察が事件を捏造している、自作自演しているということを具体的な証拠や例を挙げて書いています。
また「田口八重子さんの情報の嘘 その5」「画像あり 偽者の証言者たち」などの記事では警察に協力した一般市民も偽者扱いしています。
なので本来なら僕のブログやサイトは数年前に警察自身からが「警察を侮辱、中傷している」「捜査妨害をしている」などとして削除依頼をしているか、あるいは警察か僕のところに来てらなんらかの処分を行っているはずなのです。

しかしそれらのことは一切行われていない。

「木嶋香苗の真実」というサイトが木嶋の裁判中に規約違反として通報されたことがありましたが、その通報が警察のものだとしたならば、僕はその後もサイトを続けているので、警察から何らかの処分を受けているはずです。

しかし処分は受けていない。

なぜ警察は処分をしないのか。

警察が気づいたとなると、警察は僕に対して何らかの処分をしなければいけない状況が生まれる。
しかし僕を処分しようとすれば警察自身がやってきたことが全て表に出てしまうことになる。
だから気づかない振りを決め込んでいるわけです。
要するに警察の気づかない振りが、僕がブログやサイトで告発していることが事実だと認めていることになるわけです。

そして気づかないことにしておかないと、後々裁判沙汰になった時に僕を犯罪者に仕立て上げることができなくなってしまうわけです。
なぜならブログに気づいた時点で僕を逮捕なりなんなりの処分をしていなければいけないわけで、気づいていたのになぜその時に処分をしていなかったんだ、ということになり話がおかしなことになるわけです。

だから警察は僕のブログやサイトに気づかない振りを決め込んでいるわけです。

なんども書きますがこの状況で気づかないなど絶対にあり得ません。
警察はこのブログやサイト、そして僕自身の存在を知っています。

2011年7月29日 (金)

スパイ・テロリスト話はもう終わり

「Jリーグスパイ・テロリスト話はもう終わり」 では何らかの人に気付かれないようにJリーグを利用して活動しているはずのスパイやテロリストが、そのことに関する記事をブログに書くなどあり得ないことだと主張しました。

この主張ではJリーグスパイ・テロリストだけを否定するものでしたが、このブログは、そもそも僕やその周辺の人間が北朝鮮のスパイやアルカイダのテロリストであること根本的に否定していたのです。

しかももう数年前にです。

例えば検索エンジンで「桶川 北朝鮮 スパイ」や、「桶川 アルカイダ テロリスト」というキーワードで検索してみてください。
そこは僕のブログで埋め尽くされているのです。

これだとスパイやテロリスト本人が自分の居場所をわざわざネットで公開しているということになるわけです。
警察や周囲の人に気付かれないように活動するはずのスパイ・テロリストが、ネットで埼玉県の桶川市に住んでいることを公開してしまっていることになるのです。
そしてさらにそのブログには警察を犯罪組織扱いする記事ばかり。

スパイやテロストとするには完全に話が矛盾していることになるのです。

他にも北朝鮮やテロと言えばオウム真理教が思い浮かびます。そして「オウム信者でっち上げに関する時系列表」 の下のほうで書きましたが、桶川市のホームページには逃亡したオウム信者の逮捕協力の呼びかけがありました。
※現在は載っていません。

「桶川 オウム信者」でも検索してください。
そこにも僕のブログが複数載っています。

さらに、9・11テロが起きてしばらくの間、周辺で不審な人物を見かけた場合、警察に通報するように、という警戒もありました。あれから警戒を取り消すようなことはないので、今でも不審者に対する警戒は無いわけではありません。
「桶川 不審者」 で検索してください。
そこにも僕のブログはあります。

これが北のスパイ(工作員)やアルカイダのテロリストがすることですか?

これらの記事はその記事を書いた直後から検索エンジンに載っているのです。
スパイやテロリスト、オウム関連の記事はもう4年以上、不審者の記事は2年以上前から載っています。
ちゃんと記録も残してあります。

これでもう僕や僕の家族、そしてその周辺の人たちがスパイやテロリストなどという馬鹿げた話はあり得ないのです。

このスパイ・テロリスト話はもう数年前に終わっていたのです。

2010年8月 3日 (火)

読者がこのブログの真実を証明した?

前回の記事をいきなり読んだ方は「なんじゃこれ」と思ったことでしょう。
僕自身も書いていてそう思われることはわかって書きました。
というかこのブログはもうはじめからそういうつもりで書いています。

そして実際に読者の方の中に僕の訴えをコメント欄で否定されている方も大勢いらっしゃいます。

しかし実はこのブログ否定者の方の中にこのブログの内容をなんとなく信じていることがわかるコメントを書いている方がいます。

僕はこのブログと全く同じ内容のブログを同時に7つ運営しています。
(関連記事 カテゴリ「初めてこられた方はこちらを」の下のほう)
そしてその中のアメーバブログに「質問」と名乗ってブログで訴えていることをしつこく否定してくるコメントをしてくる読者の方なのです。
その内容が大分悪質なので記事で紹介してもかまわないと思うのと、この読者自身が実はこのブログの内容を信じている証拠があるのでそれを紹介しておきます。

この読者は先月の26日から頻繁にコメントをよこすようになって、内容は僕の訴えていることを否定するものばかりです。そしてコメントの中には「(笑)」をいちいちはさんできます。
これは明らかにこちらをおちょくっているわけです。

そしてあれやこれやと僕の訴えを完全に否定しているはずなのに、この読者自身が実はこのブログに書かれていることを真実だと証明しているかのような行動をとっているのです。

カテゴリ「僕が無実である決定的な証拠」の中の「このブログを警察に通報してください」や「全ての事件で僕が無実である決定的な証拠」で書いたように、現在警察はネット上のあらゆる問題をボランティアを集ってまでして取り締まっている最中です。その中でこのブログでは「拉致」だの「テロ」だの「スパイ」などの言葉を使用していて、警察のやることなすこと「でっち上げだ」と書いていて、さらに拉致事件の証言者の実名や写真まで出してでっち上げだと書いているわけです。
こんなブログが現在の警察の取締りに引っかからないわけが無いのです。
(というかはじめから警察はこのブログの存在を知っていますが)

なので僕は「質問」のコメントの返事に、「このブログを否定するならこのブログを警察に通報してみてください。そして警察の「なにもしない」という対応をみればこのブログが真実かどうかわかりますから」ということを書いたのです。
しかしこの読者は「だからこのブログくらいで警察が動くわけないんだから(笑)」とか「めんどくさいので嫌です(笑)」とか「これを警察に通報したところでマトモに相手されずこの人病気でしょ?って言われるのがオチだから(笑)」とか「通報にこだわるけど何故?(笑)ぶっちゃけこれぐらいじゃあ警察動かないよ。」とか「ついでに言うと通報しろって騒ぐの実は、警察にかまって欲しいの?まさか採用試験に落ちたんじゃあ…」と言い訳ばかりして一向に通報をしようとしないのです。

現在の警察がそんな対応するわけがないのです。
しかしこの読者はせっかくこのブログが嘘である証拠ができるはずなのに、「それっぽい」言い逃ればかりして一向に通報しようとしないのです。
完全に言ってることとやってることが矛盾してるのです。

結局この読者は「警察に通報した」ということをコメント欄に書いても、僕がなんの処罰も受けず、ブログの削除すらされなかった場合、ブログが真実であったことが証明されてはじをかくのが怖いから通報しないわけです。さらに通報したことをコメント欄に書くと、それを他の読者に見られて他の読者にもこのブログが真実を書いていることを知られてはじをかくのが怖いから通報しないわけです。

要するになんだかんだ言ってこのブログを内心では信じている部分があるわけです。

そしてブログ否定者が実はブログ肯定者でもあったわけです。

だからと言ってこのことがブログが真実かどうかの証拠にはならないわけですが、こういうところでもこのブログが全くのでっち上げではないようには感じられたのではないでしょうか。

それと最近なぜかブログ否定者の中に多いのはIPアドレスを「0.0.0.0」にしているかたたちです。
なぜ最近増えたのか。
こういうことも考えられますね。
これって実は全部同じ人なんじゃないですかね。
そしてあたかもブログ否定者が大勢いるように見せて、こちらのやる気を失くさせようとしたり、ただでさえ信じがたい内容のブログを、他の読者のこのブログへの信頼性を無くそうとしているのではないでしょうか。
でもそうだとしたらただの一般人がそこまでしますかね。
「0.0.0.0」はブログが真実を書いていることを知っている人間という可能性もありますよ。

他にもこのブログをただの誹謗中傷、捜査妨害ブログだと思った方は警察に通報してください。
さらに精神的におかしい人間が書いているブログだとしても、ここまで書けばそんなことは関係なく問題ブログのわけです。通報してみてください。

2010年3月17日 (水)

このブログを警察に通報してください

今日の新聞に、「38歳(現在)の男が02年にネットにラーメン店の経営をカルト教団が行っているという、なんの根拠もない書き込みをしたとして、名誉毀損で罰金30万円の刑が確定する」と載っていました。

やはりネット上の誹謗中傷は犯罪になるのです。
(といってもこの事件以前からそんなことはわかっていることなのですが)

警察はこのブログを僕がはじめた当初から既にブログの存在を知っていたのです。そのことはこのブログをはじめから読んできて下さった方ならわかるはずです。
しかし09年1月12日の記事「全ての事件で僕が無実である決定的な証拠」で書いたように、警察はこのブログの存在を知っていることになると自身の立場がまずいことになるので、知らない振りを決め込んでいるのです。
ブログを見て見ぬ振りをしているのです。

しかしいくら見て見ぬ振りをしても、警察自体が上に書いたようなネット上の誹謗中傷、犯罪予告、犯罪勧誘などを取り締まっていて、さらに取締りを強化するため、民間のボランティアを募ってまでしているわけです。
この状況でこのブログが警察に見つからないわけがないのです。

このブログは3年近く書き続けていて、記事数は300にもなり、そしてその記事にはテロ、テロリスト、アルカイダ、北朝鮮、スパイ、殺人、拉致、爆破、犯罪、警察、公安警察などあらゆる犯罪に関する用語を使用していて、しかも同時に7つも開設しているわけですから、このブログが警察の大規模な取り締まりにひっかからないなんてことがあり得るわけがないのです。

結局警察はなにがどうあろうと、このブログの存在を知らない振りを通そうとしているわけです。
そして「僕が犯罪者」ということにしているのです。

なのでこのブログの読者のかたで僕をお疑いのかたは、自身で警察に通報してください。
そして警察の「それでもなにもしない」という態度を見れば、このブログに書かれていることが事実であるということがわかりますから。

「僕はいかなる犯罪の犯罪者でもなく、警察が僕に疑いがかかるような事件や情報のでっち上げ、様々な工作を行ってきた」ということが事実であることがわかりますから。

中には「なんで自分で通報しないんだ」と思う方がいると思いますが、サイドバーにある「僕が訴えを起こさない理由」でも書きましたが、僕にかけられた疑いがあまりにも大きくなっているということもあり、僕が直接警察に接触すれば、警察はもうごまかしがきかなくなって完全に追い込まれてしまうわけです。追い込まれた警察はなにをしでかすかわからないという不安があるので自分ではそいうことはできないのです。

といっても、こちらもずっとこのままとは限りませんが。

2010年1月10日 (日)

さらに僕が無実である決定的な証拠

僕はこのブログを広めるために07年~09年のはじめ頃にかけて色々なところへ、メールを送りました。
全国の都道府県のマスコミ、官公庁や色々な企業にも送りました。ブログにもそのことは何度か書いています。

以下の画像はメールを送ったサーバの送信済みフォルダのキャプチャー画像です。
一番下はメールの内容です。

メール送信証拠画像1

メール送信証拠画像2

メール送信証拠画像3

画像に載っているメールは送ったメールの一部です。
さらにメール以外にも直接ホームページの問い合わせフォームなどからもかなりの数送りました。
全部あわせると数百通になります。
メールアドレスは全部ホームページに載っていたものなので公開してもかまわないものですが、メールを送られたほうもこのブログと関わりあいたくないかもしれないので、アドレスの一部を隠しました。といっても隠し過ぎると説得力がなくなるので一部は見えるようにしています。迷惑だったらすいません。

犯罪を犯した人間がこんなことするわけないじゃないですか。
犯罪者が7つものブログで警察の捜査妨害と名誉を傷つけ、しかもそのブログを全国各地のマスコミや官公庁に広める。
そんなことができるわけないじゃないですか。

本当の犯罪者がこんなことをすれば警察に通報されて逮捕されるだけです。

しかし僕はこうやってブログを書き続けいている。

完全に無実である証拠です。

スパイでもテロリストでも子供を狙った犯罪者でも振り込め詐欺犯でも、いかなる犯罪者でもないことは明白です。

サイドバーの「カテゴリ」の「僕が無実である決定的な証拠」と「警察が僕を逮捕できない理由などない」にある記事を読んでください。
僕がなんらかの犯罪者であることはあり得ません。

それでも僕を疑う人がいるなら、そのかたは直接ご自分で警察にこのブログを通報してみてください。
そして、「それでも警察はなにしない」という態度を見れば僕が無実であることがわかりますから。

2009年1月12日 (月)

全ての事件で僕が無実である決定的な証拠

前回の記事では熊谷通り魔事件や。図書館の件、川越事件など子供やその周辺の事件に関して僕が完全に無実である証拠を書きました。
今回は、北朝鮮のスパイやテロリストなど、僕に疑いを掛けた全ての事件での無実を証明します。

無実の証拠となるのはこのブログ自身です。
警察から監視を受けている僕がこんなブログを書くわけがないのです。

こういうことです。

警察から見れば僕は上にあげたいずれかの、あるいはいくつかの、またあるいは全ての事件の犯人として疑っているわけです。
そしてそれぞれの事件では僕に直接疑いがかかるような証拠や証言が出ています。
しかし僕は逮捕もなにもされていない。
僕が本当に事件の犯人ならば、僕からすれば逮捕されずにギリギリのところで助かっている状況のわけです。

そんな状況の僕が、警察が監視をしていることを知っている中で、このようなブログを書くこと自体あり得ないことなのです。

このブログでは何を書いていますか?

警察が発表した様々な事件や証言を散々「でっち上げだ」、「自作自演だ」と書いています。
これは完全に警察に対する名誉毀損と捜査妨害です。

逮捕されずにギリギリのところで助かっているはずの僕が、何でわざわざ警察の名誉を毀損や捜査妨害をし、逆なでするようなことを書くのでしょうか。
しかもこのブログと全く同じ内容のブログを他にも6つ出しています。
アメーバ   ://ameblo.jp/jun-009382
バニー    ://bany.bz/so88tec/
楽天     ://plaza.rakuten.co.jp/furisker/
Yahoo     ://blogs.yahoo.co.jp/so77tec
ライブドア  ://blog.livedoor.jp/nk123kn/?blog_id=2024927

このブログは後から追加したブログなので途中から始まっています。
FC2ブログ   ://hikky37.blog84.fc2.com/

こんなことをすれば間違いなく警察は僕の家に踏み込んできて、僕の身辺を根掘り葉掘り捜査しますよ。
そして逮捕されるわけですよ。
だから犯罪者がこんなブログを書くわけがないのです。

しかし実際にはどうですか。
警察は自分たちが犯罪者扱いしている人間に、もう2年近くもこれだけの名誉を毀損され捜査を妨害されていながら逮捕はおろか、僕のところに一度も直接触してきたことがない。
とっくに僕の取調べを行えているはずなのにそんなこと一切しない。
警察はこのブログという僕に接触するせっかくのにチャンスに、何もせずにただそれを見ているだけ。
そして僕の周りの人に「あいつ(僕)はあの事件の犯人だ」、「あいつは何をしでかすかわからない危険人物だ」という言いふらしを繰り返しているだけというわけのわからに行動を繰り返している。

警察は事件を解決出来るかもしれない正当な理由があるのに、それを全くしないで、不当行為ばかりを繰り返している。

こんな馬鹿げた警察の捜査があるわけがありません。

なぜ警察は事件を解決しようとせずにこんなことを繰り返しているだけのか。

それはこのブログに書かれていることが全て本当だからです。

僕がでっち上げ、自作自演と書いたことが全て本当だからですよ。

そのでっち上げとは全て僕に疑いが掛けられている、あるいは僕に関係する事件や証言です。

これでお分かりいただけたと思います。

警察自身の行動が僕に疑いがかかる事件全てで僕は無実だということを証明しているのです。
しかももうとっくにです。

要するに事件や証言自体がでっち上げであるから解決のしようがないわけです。
でっち上げの事件を解決しようとしたりしたら、でっち上げたことがばれるだけだからです。

そのでっち上げがばれないようにするために、次から次へと新たなでっち上げや自作自演を行って、常に僕に疑いを掛け続けているのです。
そして疑いの目が自分たち(警察)のほうに向かないようにしているのです。
それが僕の悪評を触れ回るという不当行為になっているわけです。

今回の「ブログで名誉毀損捜査妨害を行っても警察は僕のところへ一切こない」ということで全て事件で僕が無実だということを証明しました。

さらに前回の記事も含めれば、警察は何がどうあっても事件を解決しようとしないということを証明しました。
そして警察自身のその行動が全ての事件や証言がでっち上げであることを証明しました。

なのでもうこれで警察が僕を監視や尾行をする全ての理由が無くなったわけです。

僕は北朝鮮のスパイでもなければ、テロリストでもなく、オウム信者でもなく、子供狙った犯罪者でもないことを証明しました。

そして新たに僕に疑いがかかるような事件や証言が出ても、もう僕に疑いをけることは出来ません。

なぜなら結局警察は僕のところへ来ないからです。

なので僕に対する監視や尾行をする理由も全て無くなったので、それをすれば単なるストーカーという犯罪行為になるわけです。

警察は影でこそこそやるかも知れませんが、結局それらは全て警察による保身のための芝居でしかないことも、今回証明しました。

警察がこのブログを知っていながら僕を逮捕できない都合のいい理由を造っている可能性があるのでサイドバーの「カテゴリ」の中の「警察が僕を逮捕できない理由などない」も一緒に読んでください。犯罪者がこんなブログを書けるわけがないことがわかります。

2009年1月 9日 (金)

僕が無実である決定的な証拠

警察が僕を要注意人物として監視していて、その最中に僕を見失って、同じ県内で、僕が出かけた日に乗った電車と同じ沿線上の町の熊谷市で通り魔事件が起きた。

そしてその犯人のあらゆる特徴が僕にそっくり。

これだけの条件があってなぜ警察は僕のところに一度も直接接触してきたことがないのでしょうか。

これだけ大規模に僕を監視するほど危険人物扱いしていて、せっかくの犯罪の証拠(決定的なものではありませんが)があるというのに、いきなり逮捕までは至らないまでも、僕に事情を聞きに来ることぐらいは間違いなく出来るわけです。あの日どこへ行っていたのかなどを僕に聞くぐらいは間違いなく出来ます。
そしてそれは不当でもなんでもない、警察に許されている正当な行為なのです。
そして警察としてはしなければいけない行為なわけです。

正当なことを出来るのにそれをせずに、数年も監視と尾行、そして地元の人に僕個人の名前を出して悪い噂を吹き込むという不当なことを繰り返しているという、わけのわからない状態。

このことこそがこの事件がでっち上げである完璧な証拠なわけです。

犯罪に対して正当な行為で、しなければいけない行為をしないというのは、それ自体警察の不当行為です。
そしてそのことこそがもともとこの事件自体がでっち上げであるという証拠なわけです。
「でっち上げ」以外なにものでもないのです。

現に世田谷ホームレス襲撃事件では警察は「決定的な証拠はないが、犯人を見失った直後に事件が起きたので、危険性なども考えて逮捕に踏み切った」としているじゃないですか。

だとしたら、僕のほうが顔も髪型も身長も服装もそっくりな似顔絵という大きな証拠があるじゃないですか。
僕のほうが逮捕できる条件があるじゃないですか。
警察が僕に接触する条件がちゃんとあるじゃないですか。

そして図書館の件や川越の事件なども考えれば危険性を考えてさらに僕に事情を聞く必要性があるじゃないですか。

要するに正当で、しかもやらなければいけないことを警察は一切していないわけです。
これこそが僕に疑いがかかる全ての事件がでっち上げである決定的な証拠なのです。

もう今回の記事でこれらの事件での僕の無実は完全に証明しました。
そして僕を疑っている方もこれで納得していただけたと思います。
これでも納得出来ないというのなら、それは納得「できない」のではなく、単に納得「したくない」だけです。
その方の個人的な事情で納得したくないだけということです。

しかし監視や脅しは止めてください。
恐らく似顔絵を僕を監視する大義名分にしているのかもしれませんが、似顔絵があろうがなんだろうが、一般市民が個人を監視するという警察のような真似などしていいわけがありません。
単純に言えばそれは警察だけの仕事だからです。

そしてこの警察も、今後これらの事件で僕を監視、尾行などをしてもそれは捜査でもなんでもなく、警察の保身のための芝居でしかないことも完璧に証明しました。
なので監視や尾行は単なるストーカー行為という犯罪行為でしかありません。

その他のカテゴリー

01 初めて来られた方はこちらを 02 僕が無実である決定的な証拠 02 僕が訴えを起こさない理由 02 前科もありません 02 家族は事実を知りません 02 日弁連へのお願い 03 外事警察 03 盗聴と通信妨害? 03 自衛隊の動き 03 警察がでっち上げを行う意図 03 警察が僕を逮捕できない理由などない 04 「日本はスパイ天国」は大嘘 04 アメリカのロシア人スパイもでっち上げ 04 ウィキリークスの真実 04 スパイ・北朝鮮関連記事 04 パチンコ業界と北朝鮮に関する嘘 04 三菱サイバーテロと大分3事件 04 不自然な拉致情報 04 僕の家族も工作員? 04 北の女スパイ(元正花)事件の真実 04 北朝鮮スパイでっち上げ時系列表 04 北朝鮮情勢は嘘で塗り固められている 04 在日と政治家の癒着もデマ 04 川口市の拉致事件の真相 04 時効廃止は拉致事件でっち上げの証拠 04 消えた拉致事件(渡辺秀子さん) 04 田口八重子さんの情報の嘘 04 目黒・世田谷殺人事件もでっち上げ 04 藤田進さんの拉致も嘘 04 露・北スパイ事件とJリーグ事件 04 Jリーグスパイ・テロリスト 05 テロが捏造されている証拠 05 テロリストでっち上げ時系列表 05 テロリスト関連記事 05 テロ情報流出事件とJリーグ 05 ブログでテロ・スパイ指令? 05 マインドコントロール事件の真実 05 公安警察とCIAがテロ謀略 05 焼肉えびす食中毒と僕の家族 05 PC遠隔操作事件の犯人は私です 06 オウムと北朝鮮の関係はあり得ない 06 オウム信者でっち上げ時系列表 06 オウム逃亡犯逮捕は自作自演 07 上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編 07 上尾警察のお手柄は自作自演 石津淳編 07 地元の様子 07 子供を狙った犯罪でっち上げ 07 振り込め詐欺のでっち上げ 07 警察が家に来た 07 黒いスポーツカーに関して 08 「芸能界と暴力団の黒い関係」は捏造 08 その他色々なこと 08 上智女子大生殺害事件 08 千葉大女子大生殺害事件 08 埼玉・鳥取連続殺人もでっち上げ 09 内容に誤りが見つかった記事 10 マスコミは僕らを知っている ニュース

最近のトラックバック

無料ブログはココログ